FC2ブログ

◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

ないわけで
◇昼はプルコギ丼。おいしい。
あー、こういうわかりやすい味が楽。でも、そろそろ鮭とか食べたい。


◇大久保から高田馬場に歩いて行く。
途中、古本屋で何冊かマンガを買った―  のはいいけれど。
実は最近、買ったは良いけど読んでないマンガが30冊近く溜まってる・・。
マンガ読む気にならないってのはかなりまずいですよ。
あ、北道正幸さんの「プ~ねこ1、2」は読みました。おもしろいですねぇ。
それにしても、アマゾンで こなみかなたさんと一緒に買ってる人がいるけど
それはどうなのだろう。いえ、こなみさんも好きですが。

テクテク。古本屋めぐりの途中・・・。
立ち読みだけど、徳川慶喜写真集(いや、水着ではなく慶喜さんが撮った
写真)を見て、明治30年代の日本をボーッと満喫。
ただ、静岡が大半なので現代の田舎町と言われても納得しそうな風情ですが。

写真のほとんどは、バストショットかロング。
家族(つまり、将軍家ゆかりの方々)や、お女中はバストショットかせいぜい
フルだけど、風景や一般人はロングが大半。
なんとなく、心の距離感を思う。ああ、無理もない。

それにしても。写ってる農村の人は、カメラ構えてる人が最後の公方様だとは
わかってないだろうなぁ。
写真にはビビってるのかな。いや、それさえわかってないのだろう・・・。

続いて。
COMIC CUEをパラパラとめくって、無性に読みたくなる・・が、なんていうか
「おもしろかったら困る」ので読むのをやめる。
でも・・。ちょっと読むと、実にイヤな絵が多く刹那的で感情的で下品で
バカで― イイ感じ。 欲しい。ここには誰と誰と誰がいるのかがわかる
マンガがある。
・・・・。これ以上は、色々まずいので考えるのをやめる。
それにしても、単行本持ってる作家さんが半分も入ってるなぁ。。。

馬場から引返して別順路で大久保に戻る。
そのまま新宿に歩いていこうとしたが、気づくと三時間近くうろついていた
ことに気づいて、慌てて帰宅することにする。体力もちょっと。

帰り電車の窓際で、カップルが向かい合って腰に手を廻してるが
そんなことで私が手すり付近から立ち位置と向きを変える事はありえない。
―ので、真正面に立つことにする。
時々こちらをチラチラ見るが、知ったことではない。
せいぜい、二人のセックスを想像してやることにする。あの女はバック好き。

カップルが降りた後、ガラスに映った自分の顔を見て死にたくなる。
「死ぬ時道連れリスト」の上位に入れたいが、んなこと言ったら切りが無い。

なんでも、何もかもとはいかない。人には限度がある。タメイキ。


◇某ガ◎ナの方のネット上の発言で、辞任が云々とか聞きましたが。

アレをコレして、ソレしている私が言うのもなんですが
ガ◎ナの人の多くが基本的にそんな感じに思っているのだろうと
言うことは昔からわかってたことと思うんですが・・・。

わかった上で、それはそれで距離を持って対応すべき会社だと思ってるので
私としては
今、怒られても・・・と。
まぁ、ああ表立って言われたら、そうもいかないのでしょうか。
いかないんでしょうね。

私は昔の例の作品の放映時の前半で怒り狂って、もうその感情は十年前の
冬のコミケ会場で喚いて尽き果てました。誰も耳を貸してくれなかったし。

・・・。どんな思惑で作られようと、食べられる料理あるいは質の良い料理
自体を拒否するほど、私だってお腹一杯ではないということです。


◇山口 貴由さんの「シグルイ」がアニメ化するのですね。R-15指定
相当という凄まじさ。うう、見たい。

あの人のマンガは、私の感覚だと
「自分で触れた部分は、ともあれわかったと言っておくが、としたら
それ以外はわからない、あるいはナイのかもしれないし。それでもいい」
という感じで、よくもまぁこう偏った美学もあるものだなと思って、いつも
感心させられます。

でも、そもそも。
偏った美学がないのなら、表現者として外に発露したくなるものかな・・
とも思いますが。


ところで。梧空道も好きなんですが、アニメ化しないのかなぁ。覚悟も途中
ぶった切りだしなぁ。

Comment
≪このネタへのコメント≫
コメントを投稿する
ホームページURL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可しますよ
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.