FC2ブログ

◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

◇「阿吽」原稿、下書き中。
◇「阿吽」原稿、下書き中。急がないと。
主人公の女の子を「中の下」の顔にしたいと編集さんに言ったところ、せめて
中の中にしてくれと言われる。ブスはダメですよ・・と。
そうですねぇ。微妙だなぁ。出来るだけギリギリ見れる程度の顔にしたいんだけど。
そうはいかないんだよな。
それに関して一つ、昔のことを思い出したけど、めんどいので次回。


◇コミケ、エヴァ本。本文の半分が鉛筆にトーン処理になる関係で、手間と出来具合を
考え合わせるとこれは半分はデータ入稿の方がいいのではと考え始めてます。
どうせ、表紙はデータ入稿だし。
うーん。ただ、本文データはやったことないので、少し戸惑います。というか、マンガの
データモノクロトーンってやったことない。


◇仕事柄、ドテラの袖が机上ですり切れやすく・・・で、そうなったのでチクチクと
繕いモノをする。

不思議なもので、安い食事をすることには何の抵抗もないのだけれど、
繕いモノはすごく、惨めな気分になる。あれれ。
これはやっぱり、食事は外食等、商業の手に委ねることも自然なのに対して、繕いモノは
「商業の手」つまり「他人の手」への任せ度が低くく、基本肉親の女手にかかるもの
だからだろう。ようするに、一人を実感するということ。あれれ。


◇図書館からメールで、予約してた本が届いたと連絡。いつ予約したやつだろ・・・。 
わ。2ヶ月前。
前の借主、2ヶ月近く返さなかったのか。
あー、もう。他の区の図書館で借りちゃいましたよ。
「もういいです」って連絡すべきなのかなぁ。


◇「近親相姦もの」の実写AVとかで時々思うのは(ああ、ここでひかないで・・)
この手のテーマに関しては、ある意味
「実写よりも、アニメや漫画とかの媒体のがリアルだなぁ」ということです。

例えば。
姉妹でも母親でも良いですが、その手の作品を示して
「これは近親とのナニムフなAVですよ」と言われても、実写の場合は画面を
見る限り大抵は、フィクションや否やの判別はつかないものです。

それに対して。
アニメや漫画というのはすでにフィクションなわけです。
出てくるキャラが「巫女」で「未来人」で「魚が少し混じった宮大工」という設定なら
線の集合体であるというフィクションをやり過ごした時点で、すでにそこらは
クリアーされているのが普通で、それはもう文句無く巫女で未来人なわけです。
もちろん彼女は宮大工で、鴨居の龍は夜な夜な天を舞いますよ。
そして当然、そこらに「実は妹」という設定を一つ程度増やされたところで、一切
問題無く我々の脳に入りこむし(説定上のどんでん返しを別にすれば)そこに疑問は
ないわけです。

その意味で、他のテーマは別にして「近親相姦もの」だけは実写よりこの手の
媒体が上回るなぁ、とか考えたわけなのです。

ただし、例外もありますか。
双子レズとかですね。そっくりさんやCG、クロマキーの可能性より、肉親の可能性が
圧倒的に上ですね、これは。

まぁ、後は・・。
クローン同士のナニが近親相姦ならば、それもフェイクなしということになり
ますがただ、それはそもそも近親相姦なのか・・という疑問もあり、それはまた
別のQですね。


◇部屋の掃除がかなり進んで、やっと本棚に本が納まってきましたよ。
で。
こち亀を、だいたい70巻前後からバラバラに読み返していて気づいたのですが。
なんか、100巻くらいから恋愛シュミレーション系の萌えマンガになってますね。。。
気にはなっていたのですが。 確かに、纏とか私も好きですが。両さんを
憎からず思う女ばっかり(マリアと麗子は別格にしても)になってる。
それに、女のコと同居とか、ロリ系の檸檬とか。
ありゃ。


◇「吼えろペン」の八巻を(色々な都合で)やっと先日読みました。
独自の師匠のいない(こともないのですが)ような私にとっては
この本はマンガ家入門ですよ。
私も、キャラを殺せない、踏み出せないマンガ描きです。
それにしても、富士鷹ジュビロは良いキャラですねぇ。


◇四コママンが家さんの、千葉なおこさんがめでたく復帰されて
いたようで良かったです。
OLパラダイスの後、ほぼ忽然と消息が途絶えたので
どうしたのだろうと思っていたのですが。
今の名前は「杜菜りの」さんですか。
以前も「てんとり虫のさんば」の富永ゆかりさんとかも
突然消えたりして(今はたくさんお仕事されてます)
「女性作家は、人気あるなし関係なく消えるのよなぁ」
とか困惑していましたが、復帰されると嬉しいですね。
そーいや、「聖ポーリア女学園」の高田理美さんも
どうしたのだろう・・。私が知らないだけかなぁ。


◇続けて・・。なんとなく、環境が整ってアニメとか
特撮映画とか見始めてますよ。OVAとかも。

◎「藍より青し」
そうですか。勉強になりました。
ともあれ、キャラ達がつまずいて抱きつくケースが異様に多いので、
行動範囲の段差をなくし、バリアフリー化した方がいいかと。

と、言いつつも続編を今見てますが。

◎映画「デビルマン」
見ながら思ったのは
「なるほど。文化祭の映画のような演出を目指しているのだな」
「ブレアウイッチってこんな?」
「このセリフは平田オリザさんが目指す所の抑揚のない演技を演出して・・」
「ぶった切ったシーンは、タランティーノ的な?」
等々でした。
しかし途中まで見て、そういうことではないと気づきました。

終わった後、しばらく

      こういう空間

に佇んだ後、ネットで感想の載ってるサイトを検索して、色々読み
「納得」しました。はい、ほとんど言うことはありません。
すでにみんなが言い尽くしています。
ただ一言だけ。

体がでかい動物は、坂を転げ始めると小さい足ではブレーキ効かないんだなぁ。


◎映画「キューティーハニー」
最近の「懐漫」実写化で一番作品的に得してるのはこれだろうなと思います。
繊細より豪快、リアルよりキッチュ、大河ではなく短編がが基本なので、予算的にも
内容的にもそれほど揺れなくて、比較的組しやすいのだろうなぁと。
ただ、前半のバカノリで後半も行って欲しかったです。泣きは入れないで
欲しかったですよ。後半は「異常にカットが普通」で違う映画みたい。


◎「R.O.D.ova」
私はアニメや映画のBGM集を聞くのが好きで、作品を見るのが後追いに
なることが まま あります。(「永久に見ないだろうなぁ」という作品の
音楽を聞くこともありますけれども)
「R.O.D.ova」も何年か前にすでにBGM集は聞いていて、当時聞きつつ
「どんなアニメなんだろう」とか想像してましたよ。
私のイメージでは・・。
最後に派手なアクションのある諜報部員モノで、キャラの雰囲気は、
カーボーイ・ビバップという感じでしたが―
見たところ、微妙に当たってるところも外れてるところもありました。
うーん。読子のイメージには音楽が合ってない気はしたのですが・・。
ナンシーが主人公なら別ですが・・。というか、ナンシーを主人公にした
かったんじゃないのかな、この監督さん。
でも、売りは読子ですよねぇ。読子の声というか、演技が好きですね。

◎「R.O.D. the TV」
音楽はこちらの三人組の方があってますね。
テレビシリーズのBGMはOVA版のアレンジという感じで。
それはともかく。
本当は、男の三人組の方がリアリティが出たのではないかなと思いますが。
肉体的なダメージを与えることも与えられることも避けている気がして、
演出大変そうでした・・・。
女の子に怪我させる描写はむごいですからねぇ。一人ちょい役の女性が
それはむごかったですし。「NOIR」も同じ苦労抱えてましたが。

それはともかく。
敵役に、割とリアルな目的主張させるのに対して、対応するキャラの
アイディンティティが弱すぎた気がして、思わず
「あー、敵のがもっともなこと言ってる」という気にさせられてしまうのが
困りました。

敵が
「全ての本を奪った上で、人類が平等に我々が選んだ本が読める世の中を
作る」と言うのに対して「そんなの、自分で選んだものじゃないよ。
他人が選んだものだ」と主人公の一人は言ってましたが
「読むチャンスすらない人にしてみれば、それでもいいんじゃないか」とか
私は思ってしまい敵もそのことには触れていて、なのにそこに対する答えを
しないで論点をズラして前述の主張で押し切ったまま主人公達はドガチャカに
してしまい・・あれ・・・と思いました。

もちろん私は、そんな平等は
「ごめんこうむります」けれども。
ただ、だとしてもそこにはかなり利己的な思考が働いているという所は
否定しません。
はい、「一生本を読めない人のことを忘れてでも自分にはたくさん本を
ください」という人間ですから、私は。

そこの所が私と同じ考えなのか、違う考えなのかを表明した上で、敵の行動を
なじるなら私は理解したのですが・・・。
だからですよ。論じないのならそこには触れなければ良かったのになぁ・・と
思ったのです。
「いつか子孫達が解決してくれる。私は人間を信じる」的な温度のやり取りで
いいのではないかと。おもしろいアニメなんだし。
ただ、読子は理解する土壌がなくて、「ねねね」は分かってても、自分の傲慢
さも許容しているのかなとも、思うには思いましたが。

でも、やっぱり読子がいいですね。
私の理性とオタク心の責めぎ合いを私は許します。


◎「横浜買い出し紀行」
これも、ゴンチチ音楽を先に聞いてましたが、これくらいマンガの世界観が
出来ていると後は「どのエピソードを選ぶか」が一番の焦点になるのですね。
どちらにしろ2話なので全体の説明は無理だし。

私はこの作品を、ほのぼのしてるけど、かなり残酷な世界観だなぁとか思ってます。
Comment
≪このネタへのコメント≫
コメントを投稿する
ホームページURL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可しますよ
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.