FC2ブログ

◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

◇こんばんや、携帯を持っていない管理人です。
◇こんばんや、携帯を持っていない管理人です。

道を歩むおり、呼びかけられたと思ってドキリとして振り向くと
「携帯に話していただけ」というケースが実に増えてきたのだった。

世の中が変わってきたのだと、なんとか日々自分を納得させようとする
のだが、前記の事態は突然舞い降りる災厄なので慣れるのはかなり難しい。
(私は、そもそもいきなり音を出されるのが激しくキライ)

もう一つ。(実はこちらのほうが気になるのだが)
携帯の普及で 変わってきたなぁ と思わされるのが
道で「怒っている人」と「泣いている人」などがが増えた事だ。

少し前は、道で泣いていたり怒ってる等の負の感情をあらわにしてる
のは、大抵「子供」か「痴情をワンサカワンサしている人」だった。
それはやっぱり、大の大人は普通は仕事や私事は道に持ち出さないのが
当然だったのだからそういうものだろう。

しかし、今は違う。
自分にその気はなくても、大事な話が直に掛かってくることもあるし
転送されて追いかけてきたりもする。

その結果、別れ話を吉野屋で聞かされたり、仕事の納品遅れを横断歩道の
「とーりゃんせ、とーりゃんせ」の音楽とともに聞かされるハメになる。
その上、周りはうるさくで音は聞こえなかったり、周りがこっちを
見ていたり、あるいは場所によっては周りから睨まれたりもする。

しかも「なんで、こんなところにかける。わざとか?」と怒ろうにも
怒れないのだから、自然にストレスはたまり血圧は上がり、声も高くなろうと
いうものだ。思考だって中々まとまらない。いいことは何一つない。
さらに、そのように自分が大事な場面でシチュエーションのキーを握れ
なかったことで、怒りやら悲しみは倍化することであろう。
大事なキーを握らなければならない問題がある時は、出来るだけ携帯の電源は
切っておきたいものだ。

だってやっぱり、トイレの個室に入ってるときに別れ話はしたくないわな。
Comment
≪このネタへのコメント≫
コメントを投稿する
ホームページURL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可しますよ
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.