FC2ブログ

◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

◇夏が来れば思い出すのが―
◇夏が来れば思い出すのが―

鉄の膨張率の関係で、線路の繋ぎ目が
キッチリくっついていき、隙間に虫が
いた場合「首に皮を巻きつけ、少し
づつ締まっていく砂漠の死刑」の
ように少しずつ、ミチミチと死んで
いくのだろうなぁ 
―ということなわけですが。

するとあれですか。
夏場の巨大タンカーとか東京タワー
とかも大きさが数十センチ違ったり
するのでしょうね。
というより、膨張するという。うーむ。

考えたことなかったのですが。
そもそもあの手の物の公称全長は
センチ単位切り捨てということ
なんですかね。
実際は、333メートルと±12センチ
とかだったりするのでしょうね。

東京タワーが季節によって膨張したり
縮んだりするというのが、微細に巨大で
いいですねぇ。
Comment
≪このネタへのコメント≫
コメントを投稿する
ホームページURL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可しますよ
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.