FC2ブログ

◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
◇先週~ コミティアはなんか落着く・・のこと
◇週末はコミティアにサークル出場。

臨海線と埼京線が繋がってから、一時間で着くようになった。
すごいものだ。
古い友人は、コミケ遠征でこちらに泊まる折り大井町に
ホテルを取っていたので、当時この繋がりがあれば会場
までタクシーを使う必要はなかったんだろうな。
もっとも、当時少し不便だったから割とギリギリまで
ビジネスホテルが取れたのも確か。

とはいえ。どちらにしても、コミケの時はこの直通は混み
すぎて乗る気にならないのだけれど。

会場に着くと、すぐ準備。
西館であるということに、到着までこれといった意識は
なかったが―。

・・・。西館のスペースに座るのって何年ぶりだろ。
客としてコミティアで西館に来たことはある。
しかし、サークルとして来た時は東館だったはず。
それ以前だと、TRCだし。(五年くらい前?)

違う。
一度も座ったこと無いんだ。西館。
と、席について気づく。
そーか、コミケだと創作系とか企業ブースとかだしなぁ。
こっち。

色々思いながら、二週間遅れでビッグサイトの椅子に座る。
西館だけども。

開始。
意外に人が多い。
そして、それなりにうちにもお客が来る。
それなりには売れる。 

お隣は女性。(最近いつもそうだなぁ)
でも、モロにエロ漫画なのでお手伝いの人かな・・とか
思ったが、後にサイト見ると個人サークルって書いてある
なぁ。おとなしそうな綺麗な女性だったけどなぁ。
うちの数倍売れてた。
濃い時代だなぁ。

反対側のサークルさんは初めてらしく感じがわからず
困ってた・・。人見知りする私は一言も何も言えず。
どうも私は―
学生の頃からそうだが、学んだこと得た知識を次の世代に
還元しようという気がない。
「まだ終わってないのに、伝えることなどあるか」
という意地がある・・といえば聞こえはいいか。
そう思わなきゃやってられない。

それにつけても、色んな意味でコミティアは人当たりが皆
優しいな。ギスギスさがない。比較的年齢層が高いせいかも
しれない。(そうなのかな?)

結局、売上はほどほど。
それでも、こないだのサンクリの売上の数倍。
オリジナルだけなのに。
どれだけ私がサンクリでアレな状態になってるか分かると
言うもの。

だけども。
だけども、諸般の都合で次回のコミティアは申し込み出来
なさそう。コミケで本買いすぎて・・予算が。
何やってるのだ私は。

なので、本を一冊も買えず。当然カタログも。
全スペース一応見て回ったんだけどねぇ。(あ。壁ほとんど
行き忘れた)

少し会場外をうろつこうかと思ったが、溶けそうなので
やめた。秋には必ず。


◇某日。あまりの暑さに散歩もできず。 メモ取ったりコンテ
眺めながら散歩したいところだが、白いメモやコンテが眩しい上
意識が遠のくことが多く、すぐ紛失するのでとてともとても。

この暑さが終わる頃に歩きたいが、その頃には少なくとも四コマ
コンテABは終わっているだろうという気がする。

それにしても。
いや、話は全然変わるが。

自分の絵を変える大変さは、技術的な面もあるけど・・メンタル
的な面も強いなぁ。

どうして、今のキャラはこんなに後頭がデカイんだ。
確かに・・・。 クロッキーしながら眺めると、確かに今の人はその
傾向強いな。
私はどうも微妙に苦手だが、・・まぁ妥協を少し考えつつ。
ああ、手が拒否する。


◇某日。安かったので、校舎関係の写真集を買ってくる。
私は学校漫画を書く機会が多いので何冊か持ってるが、既読の
漫画でめぼしいのは一巡して使われてしまってる。

特に、私も参考にしたことがある木造校舎の写真集はよくアニメで
見かける。だから、今使ったら何言われるか分からん。

ほんとは自分で写真撮りに行けばいいんだろうけど。
学校にカメラ持って私のようなのが入り込んだら、ホンの数分で
通報されるだろうし・・。
みんなどうしてるのだろうなぁ。


◇2010年度・夏中盤まで。『ライトノベル(周辺)読書強化期間』

鋼殻のレギオス 11、12 雨木シュウスケさん
狼と香辛料 7 支倉凍砂さん
ご主人様は山猫姫2 、3
会長の切り札 3、4巻 鷹見一幸さん
火の国、風の国物語7、8 師走トオルさん
涼宮ハルヒ2 谷川流さん
吉永さん家のガーゴイル 4  田口 仙年堂さん
大伝説の勇者の伝説7 鏡 貴也さん
Mr.インクレディブル アイリーン トリンブルさん
メイド・ロード・リロード  北野勇作さん
烙印の紋章1~5 杉原智則さん
輪環の魔導師1 渡瀬草一郎さん
ナルニア国ものがたり1 C.S.ルイスさん
聖竜伝1~3
真・聖竜伝 1、2 冴木忍さん


かなり前に読んだのもあるので、覚えてないの結構あるな・・。
印象に残ったのは、まず「火の国」。
無敵の主人公に転機が。まぁ、今まで結構ずるかったから。
どちらにしても、この人は分厚い本を読ませる筆力がすごい。
会話でごまかしてるわけでもないし。

面白かったのは、烙印の紋章。
元奴隷少年が、顔がそっくりな王子に成り代わり野望やら
復讐やら何やらを遂げようとする話。萌えとかはほぼ皆無だけど。

つくづく私は「ドラゴン」「魔法と剣」「中世風」の基本
ファンタジーが好きなのだなぁと思う。

ところで。
「ラノベ」に1Q84を入れたら怒られるんだろうなぁ。
そうとしか思えないんだけど。
Comment
≪このネタへのコメント≫
コメントを投稿する
ホームページURL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可しますよ
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。