FC2ブログ

◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
◇先週~ 一月、貼り付けられたままの手紙・・のこと。
◇某日。 理由は書けないけれど弁護士さんに会うため東京駅へ。
40分は早く着き、しかも場所は真ん前の丸ビルなので、駅を出たら
少し時間潰そう―、と思ったら。

まず、駅から出られない。
何この駅。歩いても歩いても外に出られない。
上がりたいのに下がる一方。 ・・ああ、そういやこういう駅だったっけ。
結局、20分はたっぷりかかってやっと外へ。

丸ビルに初めて入る。
・・・・。
このビルに住んでる人は身長が最低4メートルはあるのではないかと
いう建物。
手近のエレベーターに乗ろうとするが―。
商業テナントのエレベーターからはオフィスゾーンには行けないらしい。
慌てて、オフィス用エレベーターを捜す。

それらしい隔絶した一角があったので近づくと、ガードマン二人に
「身分証明証を」と言われる。  ・・一応、原付の免許あったけど。
無かったらどうなったのだろう。

その空間に入り、エレベーターを捜すも―。
これがまた、同じ様なのがあちこちに十数台あってどれに乗ったら
いいのやら。
まぁ、手近な奴のボタンを適当に押して待つ。
しばらくすると、はるか遠方のエレベーターが来る。
なんで。

ああ。ボタンを押すと、近い階にいるのが来るのかな。わからないけど。
小走りで中に乗ると、胸にIDカードを付けたビジネスマンが一人。
私は階数を押そうとするが・・・
ない。行く予定の階番号がない
「このエレベーターはその階には止まらないんです。一度一階に戻って
右にずっと行って曲がったところにあるエレベーターに乗り直して
ください」
と、エレベーターが動き出してから、アワアワしている私を見かねて
IDビジネスマンが声をかけてくれる。そうしている間に、とんでもない
階数まで持ち上げられた私。

「場違いだ場違いだ」
ぶつぶついいながら、あまりのスピードで動くエレベーターに耳を
やられつつ一階で乗りなおし。
今度は、IDビジネスマン五、六人に囲まれて乗ったが、なんか
もう場違いさがあまりにひどくて限界が近い。
サンダルで行かなくてよかった・・。

なんとか、該当階で降りる。
部屋に入ると
「ここではありません」と受付お姉さんに一蹴される。
「ここを出て真っすぐ行って右の部屋」とか言われて出される。
なんか色々部署があるらしい。

なんとかなんとか・・見つけて入ろうとするが・・。
なんか、入り口にキーボードがあって。
ナニコレ。適当に押す。
ぴぴぴ
やぁ、変な赤いランプ付いちゃったよ。
ナニコレ。

慌てて、逃げるようにドアを押すと
「ありゃ。開いた」

中には「御用の方はコレを押してください」の見覚えのあるボタンが。
じゃあ、外のあのややこしいキーボードの赤いランプは・・。
何も見なかった、私は何もしなかった。

着いたのは、時間ギリギリ数分前。
何で、駅前ビルに行くのに40分もかかるんだ。
どうなってんだここ。
場違いだ場違いだ。

結局・・。
弁護士さんとの話は5分で終了。
そんな事で呼び出したの・・?
という話。

仕方ないから、その後数10分マンガのコンテンツの話やら
権利問題やら、正直
「どうでもいいですよ・・・。」
という話をほとんど私が一方的にするはめに。

電車賃が洒落にならないのですが・・。
まぁ、これも自業自得・・・と。


◇某日。 部屋の契約内容のドタバタがまだ続いてる。
(前述のこととは全く関係ないです)

深夜零時にふとドアを見ると
「PM11時までに返事をよこさなければ、次の日保証人に
直接会いに行く」と管理人からの脅し文が。

すでに、刻限から1時間過ぎているというか、私はPM5時くらいに
ドア見てるので、実質多く見積もっても6時間で何の返事をしろと。
狂ったか、管理人。

・・壁に向かってブツブツ言うことがあるとは聞いてたけど。
あの管理人。

一瞬頭に来たが、どうも様子がおかしい。
契約内容のゴタゴタは確かにこの6年ばかり続いてる。アパートの
持ち主が変わってからうまくいかなくて・・。
それも、件の管理人との手紙のやりとりでもう少しで収まる感じ
だったはず―
実際、私は1月以上前に管理人への返事をドアの外に貼って
置いたのだ。(そういう取り決めなので)

・・ただ。
その手紙は、この1月間ドアの外に貼りっぱなし。途中からテープが
弱って落ちたので、仕方なく横の見えるところに置いてさらに半月・・。
「何故取りに来ない」とは思っていた。

どーやら・・。
管理人は、私の部屋に手紙を取りに来るのを一月忘れていたらしい。
というか、恐らく私との取り決めを忘れていたのだろう。
だから、大家に「土肥から返事がない!もう限界だ!」とねじ込まれて
私に文句の手紙を部屋に持って来たところ―
ドアの所に、1月前に私が書いた手紙を発見して青くなったようだ。

土肥は返事をくれてた。
それを受け取り忘れた。
大家に言い忘れた。
どうしよう。
そしてパニックとなり、とにかく私を妥協させようとして狂った行動に
出たらしい。

・・・。
察した私はその旨を手紙に書き(もっとソフトにだけど)
私は責めないから無茶はおやめなさい
と諌めた文を書き、ドアの外に貼ったのだった。

手紙はすぐ持って行ったようだけど―
10日たつも、まだ返事はない。 


◇某日。アニメ視聴強化期間
「WORKING!!」を見ますた。

原作が比較的砂糖をまぶしたような絵ではなくシンプル系なので、
商品として大丈夫なのかと不安になりましたが、色がついて
動いて喋ると、むしろあれくらいで丁度いいんだなと思いました。
(同人も出てるようで・・)

ギャグも男性キャラが絡んでる四コマなので、(別に絡んでなくても
可能だとは思うものの。T女とかあるし。)ちゃんとメリハリの
効いた「被害者がいるギャグ」で楽しく見られました。

途中からちょっと恋愛ものに移行し過ぎでは・・とは思ったものの
原作もそう移行していった感じはあるので不自然でもなく。
そして、思ったより山田がヒット。
ただ、少し・・いやかなり後半おとなしくなったかなぁとという気も。

ともあれ、おもしろく仕上がっていてつくづく私はガンガン系の
ギャグが好きだよな・・と改めて思いましたよ。

次は是非、仁岡先生や、キタキタやはじめての甲子園をお願いします。

・・・こういうのが受けると少し安心する。ほんとに。
Comment
≪このネタへのコメント≫
コメントを投稿する
ホームページURL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可しますよ
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。