FC2ブログ

◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
◇先週~ 結果、入学・卒業式は割とタブーのこと。
◇某日。 前の週にコミケ落ちたので、あらあらという感じに
一気に予定が変わってる。

こうなると、当日行くかどうかも怪しい。
たぶん、行かない。・・というか行きたくない精神状態に
なるだろう。―が、そこを敢えて行って、ここ十年は廻って
ないサークルを廻り、今の流行りを知ったり不義理してる知り
合いに会うのも・・しなくてはいけないと思う。

考えるだけで、気力体力とも萎え萎え。
何とか気分を盛り上げて、行く気になりたいもの。
遠いよ、そして恐らく暑いよ、そして間違いなく人が多いよ
ビッグサイト。


◇某日。某学生ギャグ漫画を読んでたら、それはいわゆる
「異次元学年」と言われる(? )同じ学年を何度も繰り返してる
パターンの漫画だった。
それ自体は、めずらしくないのだけれど。
驚いたのは某回。

主人公が高1で2月を迎え、来年の新入生の話をし、そのままの
流れで新年度に入り「今年も部員(部活に属してる)入りませんねぇ」
という主人公のセリフがあった後に、新入部員が入って来て、結果
「主人公と同学年一年の新入生同級生入学」というミラクルが
発生。
さすがに、ここまでのは見たことがない。

じゃあ、その前の2月の時主人公は何年だったのかと―
わかってはいるが、突っ込みを待ってるとしか思えない凄まじさ
だった。
昔、奇面組がタイムマシンで遡ったのもすごかったけど。
 
もっとも、私はあまり学年が進んで行く話は好きではない。
好きではないは言い過ぎか。苦手。
なにか切なくて・・。
だから、究極超人あ~るが律儀に学年を進み、ビデオではメイン
キャラの大半が卒業してるのは、作品は好きなもののどこか
馴染めなかった。
最近その手の多いけど。あずまんがなんかもそうだよなぁ。

異次元学年もので起きる現象で顕著なのは、何度も同じ関係を
繰り返した結果、人間同士の付き合いがややこしくなっている
ため、新年度を迎えた時点の話なのに熟練の仲間たちの会話に
なっているという現象。

つまり、出会って数週間の生徒達のハズなのに人間関係の濃さが
それはもうすごいことに。

この方式(サザエさん方式と言うらしい)で、もう一つ起きる問題は
後から来たキャラに並ばれると言う問題。

スヌーピーなんかもそうで、最初赤ちゃんだったルーシーはいつの
間にかチャーリーブラウンより少し下まで成長し、ライナスも最初は
言葉もろくに喋れなかったが、やがて姉のパターンをなぞった。
そして、後にライナスの弟が生まれた時点でほぼ年は固定。

もちろん、チャーリーブラウンはほとんど変わってない。
あそこが、ほぼ上限(光の速度のように)の世界なのだろう。
シュローダーやサリー等、初期キャラはすべてコレに巻き込まれて
いるが、登場が遅かったPパティは最初から変わっていない。
ああ、そういえば「パティ」の方は、チャーリーより年上だった
記憶が。


又・・。
こち亀のすさまじさは言うまでもなく。(日暮は置いても)
学生だった大原部長の娘が結婚して、子どもが生まれ小学生に
なっても両さんは当たり前のように変わってない。

さすがに、檸檬ちゃんはあのままだろうが。
いや、そのままの君でいて(1989)。


おまけ。
名探偵コナンは、作品時間ではアノ姿になってから半年しか経って
ないって本当?

さらにおまけ。
いわゆる「宇宙大作戦」は5年間の話のはずだが、話数を入れ込んで
行くと毎月一回は死にかけてるようなことになる。
確か小説か何かの会話で
「ヴァルカン人の副長が何人いても追いつかない奇跡の航海」みたいな
ことを言っていたが・・、その意味でもそうだろうなぁ。


◇某日。今回委託してる新刊同人の店舗への配本は、結構細かく
バラけてるので、多少は売れ行きマシになるかな。
前回はアキバAにだけドカッと置かれてドカッと残ったからなぁ。
あれは泣いた・・。
Comment
≪このネタへのコメント≫
コメントを投稿する
ホームページURL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可しますよ
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。