FC2ブログ

◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
◇先週~ もう、あなたのコブシは開かない~のこと。
◇某日。同人誌新刊「新・盲目市子物語2 」が印刷されて
手元に来た。
思ったよりはマシな表紙だったけど・・。
うう、やっぱり失敗してるなぁ。

反射光を合成し忘れてるし、そもそも絵自体も変だ。
あ。眼鏡に光入れるのも忘れてる・・。うう。
どうして、描いてる時に気づかないのかな。

本編は。。いくつかアレレなミスがあるけど、そこはいいや。
中扉をグレースケールでやってみたが(データ入稿ではない)
あまり中身との違和感はないか。このくらいなら、次回から
グレースケールでいけるかな。夏コミの「孕み」をグレー
スケールでやるかな・・。少しまだ怖いけど。

でも、私がよく書くデザイン的な背景模様は、ほとんどすでに
データ化してるので、打ち出すよりデータ処理した方が元々
楽ではあるのだけれど。


◇某日。街角クロッキーでは最近開き直り。
一度職質受けたところに何度も出没することにした。
やたら警官が前を通るが、最近は何も言われない。
「ああ、あいつか」くらいに思われてるのだろう。
覚えられるのは嫌だが、なんやかや言われるよりはマシ。


◇某日。道を歩きながら、自分に催眠をかける実験を敢行。
いや、別に誰も反対はしてないけど。

以前書いたけれど、私は最近「催眠」というものに興味を持ち
調べたり試したりしている。

あ。
いきなり話は、ずれて―。
資料として「催眠術師 清水義範さん著」という小説を読んだ
のだけれど、全然思ってたのと違う・・。
おもしろかったから良いものの。
しかし、話にパソコン通信が出てくるのは困惑した。
十年以上前の本だから、そーなるよなぁ。


話を戻すと。
調べてみて、わかったこといくつか。
催眠は睡眠とはシステムが違う。(移行することはある)
催眠は突き詰めれば自己暗示だから、ある程度の自分で自分に
行える。

なので・・。家で横になりながら、「目が開かない」「体が固まる」
「口が聞けない」等の暗示を自分にかけてみた事もある。
結果は成功。
金縛りと同じ状態を作り出した。
「あうあう」言って、布団でのたうちまわるのは実に興味深い体験。

他にも後催眠で自己暗示をかけたが、これは半分成功で半分失敗。
「絵を描くときに、うまくなれるよーに」と暗示をかけてから
絵を描く度に、何度か
「うまくなれるよーに」という言葉だけが蘇ってきて、思わず
いや、そういう意味では・・
と苦笑することになった。やはり、楽はできないねぇ。

内容はかなり短めに。具体的に。的確に・・が、前提らしい。

で。
私がこれらを頭から信じているかといえば、そうでもなく。
だから、道を歩きながらの検証となったわけで。

催眠は自己暗示。つまり、「自分でやってる」ということ。
よく「そんなん自分でやってるんだろ」というのは、だからその通り。
ただし、「意識している自分」とは少し違う部分が動いている。

例えば、どこかに出かけるとき「靴を履く」「郵便受けをのぞく」
「駅まで歩く」などの動作をいちいち意識してやってるかといえば
それは大抵は無意識。

しかし自分でやっていることには違いない。
その無意識部分を書き換えて「違う靴を履かせる」
「違う方向に向かわせる」ということをした場合
「自分でやってる」というのは事実だが意味合いとしては違ってくる。
つまりはそういうこと。

だから、冒頭の実験をしたのだった。
道を歩きながら私は「左のコブシが開かない」という自己暗示を
かけてみた。
別に口に出す必要はなく。頭の中で言葉を思い、意識を集中する。
(でも、私の素人技では成功率は三割程度・・・。)

やがて、完全にコブシがグー状態で固まる。
で。そのまま忘れて道を歩く。それだけ。

やってみると分かるが、コブシを閉じたまま歩くというのは楽では
ない。常に意識していないと開いてしまうし、だいたい不自然なので
疲れる。

だから、もし無意識でそれをやっているのならば、私のそういう
「気になる」「疲れる」という部分とは関係ないはずだし、第一
たまたま忘れていてもコブシは開かないはずだ。というか、長いこと
そうしてれば最初こそ覚えていても、いずれ必ず忘れる。
そこで、事実がわかる。

結論から言うと、10分たってもコブシは開かないまま。
そのまま道を歩いても何の問題もない。
実は、暗示をかけずに右手もコブシを閉じていたのだが、こちらは
五分持たなかった。疲れるし忘れた瞬間に開いてしまった。
その後も、完全に左手のことは忘れていても問題なくグーのまま。
ちょうど、ギプスをしているような感覚で固まっている感じ。

―30分経過。
さすがに、徐々には解けてきたらしく手が開きかけてる。
どちらにせよ、そろそろ左手を使わないわけにもいかないので
暗示を解くことにする。
いわゆる「3 、2、 1、で開きます」というやつ。
あれは、本人が理解出来ればそれでいいらしい。
一応口に出して解いてみる。ちゃんと解かないのは良くない
らしいし。

ということで。
どうやら催眠・・自己暗示というものを自分で自分にやることが
可能と分かる。非常に興味深い。今も、日々実験中。


そうだ。
ただ・・。ひとつわかったのは。
だとしたら、自分が悲観的なことを思うというのは
ロクでもない自己暗示をかけ続けているということになる。

だとしたら、非常にまずい。
少し考えよう。
Comment
≪このネタへのコメント≫
コメントを投稿する
ホームページURL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可しますよ
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。