FC2ブログ

◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
◇先週~ 作業途中でダメさに気づきたい・・のこと。
◇某日。サンクリ。
低気圧で落ち込む気分をアゲながら会場へ―。
前回のサンクリ(二月)の時に飲みそこねたペット
ボトルコーヒーがあったので持って行こうかと思ったが、
万が一ナニで、会場でアレになると困るのでやめる。
大丈夫とは思うけども。

スペースの隣、片方は柱。ラッキー。おちつくーー。
もう片方は・・、まだ来てない。

ともかく準備を終えて一段落。前回からカタログも買って
なくて―、すみません、どこに知り合いサークルがあるのか
全くわからない。費用対効果がちょっと。

そうこうしてるうちに、隣サークルさんが席に座る。
「今日は宜しく―」と高い声で話しかけられ「うわ女性だよ」と
声を聞いた私が思うのは仕方ないかと。だって私が出してる
のは「孕み本」だもの。そのくらいの羞恥心はあるのだった。

しかも。ありゃ・・。座ってるのは綾波。

ああ・・そうだった。
今回はコスプレ解禁か。それにしても、私の隣が綾波ですか。
嫌がらせだ嫌がらせだ嫌がらせだ嫌がらせだ嫌がらせだ
と私が思うのも無理はないだろう。私が描いてる孕み本は
綾波もの。
何の羞恥プレイかと。

綾波を見たいなとは思う。
が、隣では逆に見れない。
「隣のコスプレより、川向こうのコスプレ」とはよく言ったもの。
(結局、最後まで一度も顔も見れなかった・・。まぁ、ここまで
来ると私の性格の問題だけど。)

とどのつまり。この日、記憶に残ったのはこの事と、古い知り合い
とのダベリくらい。それすら、色々ここに書こうと思った事は、
実はほぼ何一つ書けないような内容と今気づく。

まぁ、お互いの古い知り合い達が皆同人誌止めて会場に現れず、
打ち上げにしか来なくなったという話に深くうなづいた・・
という事くらいは書ける。

サンクリ終了。
人に会うのと、本読むのと、仕事する以外には綺麗に来る意味が
無くなってきた。もう、爽やかなくらい。

月末はコミック1かぁ。
予定では、「新盲目市子2」を直してコピー本で出す予定。
知り合いに打ち上げがあるかもと言われてるけれど、金かかる
所なら行けません。
ファミレスくらいなら、切り詰めれば・・なんとか。


◇某日。やっっっっと、ほぼ持ち込みコンテが完成。
後は参考イラストか。長かった・・。
描く時間より、「描く絵柄を考える時間」の方が圧っっっ倒的に
長かった。
しかも、まだその「考える」のは途中。
さすがに、前回よりはマシな出来とは思うが。とはいえ、前回も
少しはそう思っていて、結局壊滅したしなぁ。

エロ系の持ち込みコンテも描こうかなと思っている。
けど、こちらも別の意味で技術的にあまりに不安定で、仮に最初
うまく行ってもやはり続けられる自信は・・今の所ない。

とにかく、孕み使徒4を描きながら、現在自分がどうなってる
のか見極めるつもり。

ちなみに、孕みネタは予定通り一応コレで区切り。
次は、「大女と少年ネタ」か「短髪少女ネタ」をやりたいなぁ。
太めネタもやりたいけど、客を選びすぎるし・・(孕み程ではない?)

話を戻して。
連休までには出版社に行きたいもの。


◇アニメ視聴強化期間継続中。
ドージンワークを見た。

ありゃ・・。
なんというか、キャラクターの解釈をすごく分かりやすい
形に整理して、いびつさが無くなってる気が。

原作の持つ、あの性格のいびつさが良いのだけれど・・。


ご姉弟物語は一話で挫折中。

毒が抜かれてる。
あの、傑作作品「バカ姉弟」がどうしてこうなるのだろう
・・・・・・。
カッコーの巣の上で・・の主人公のラストを思い出す。
テレビに枕を押し付けたくなった。

いや、アニメとしての質云々ではなくて。
シンエイさんだし。
というか、シンエイさんだからだろうなぁ。

むしろ、ガイナ辺りがやるべき作品だと思うんだけどな。
「エビちゅ」みたいな妥協のない作りで。
あれはすごかった。三石さんの容赦ない隠語連発は
「それでなきゃ!」と溜飲が下がったもの。
Comment
≪このネタへのコメント≫
コメントを投稿する
ホームページURL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可しますよ
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。