FC2ブログ

◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
◇先週~ シロクマが共食いのこと
◇某日。超掃除の続き。

同じ漫画本が何冊も出てくるのは、
「"積ん読"で読んでない本だったから間違えて」
「本の山の中に埋れ見つからずもう一冊」
「破損していたので、買い直し」
「余った私の本ですよ・・」
といった理由がある。

ともかく。
廃棄、押し入れ、遠くの本棚、手元等により分ける。
とはいえ、手元にはあまり本は置けない。長年の
本埃で私の肺はガタガタだと思うから。近くに置いて
あるだけで夜に息苦しくなって、目が覚めたりするし。
というか、そんなのが年の半分だし。

ということで、手元には本棚ひとつだけ。

さて・・。
問題はコード類。
こんがらがるだけこんがらがって何がなにやら分からない。
ザッと手で束ねて持ち上げると、太股の太さくらいの量が
ある。
分解したロボットのコードのようだ。

思えば、8年くらい前にテレビビデオへの電源や音声
ケーブルとして数本置いたのだけれど、気がつくとビデオ
などもうないのに、未だにビデオの電源コードとか映像
コードが残っている。
だって、ぐちゃぐちゃに絡んで取れないんですよ・・。

他にも
・使ってないパソコンのコード
・使ってないプレステ(1)の電源コード及び配線コード
・知らないACアダプターと知らないACアダプターと
 知らないACアダプターと知らないACアダプター。
・実はどこにもつながっていない事が判明した延長コード
・充電器とコード
・USBケーブル
・充電器のコード2
・本棚の針金のような曲がった金具が絡みついて・・。
・洗濯紐
・引越し用の荷造りひも
等々・・・。

それにしても、ACアダプターは独立して存在すると
もはや何のためのソレだったのか全く分からない。
なにしろ、メーカー名や「オレの親はあれだよ」とか
書いてないのが大半だから。生き別れのACアダプターが
いかに多いことか。

整理に整理したら、コード五本くらいになりましたよ。
たぶん、十分の一くらい。太股の太さが、親指程度に。
なんだったのだろうか・・・。

次に机等の配置し直し。
数年前も、ここに到るまでには何度か荷物の配置をし直した
のたが・・。もちろん便利なように―
結局わかったのは
「部屋に澱みが出来る場所を作ると、そこから部屋は堕ちる」
ということ。
川などで、くぼんだ場所を作るとそこに色々引っかかって
いくというのと同じ。

昔、数日お手伝いした漫画家さんの部屋は壁に張り付ける
ように机・荷物が置いてあって、真ん中がぽかんと空いて
いたのだけれど当時は
「なんで開けて置くんだろ・・」と思ったが、今ならわかる。
あれなら、淀まないから。
変なものが変なところに入ってしまうこともない。
まぁ、掃除しやすいし整理しやすいということなのだろう。
今回は、私もソレを真似させてもらい(限度はあるが)かなり
真ん中に空間を開けた。

あー。
足の踏み場だ。というか、何年ぶりに床を見たのだろう。
お、100円みっけ。お。50円もある。お・・。
結局、500円以上落ちてたのだった。全部小銭で。

これ移行は、ほぼ問題なく推移。
この週のゴミ袋は約10袋。400キロぐらい。
後は電化製品か・・。

また、少し腰が痛い・・。


◇某日。気候変動などで餌が減り、シロクマが共食いを
始めた―というニュースを聞いて、ふと
そもそもなんで、デフォルトで共食しないのだろうか・・
と思ったのだった。

だって、自分は人間だから当たり前のように考えているけれど
動物の場合は、何かの規則性というか縛りがなければそうは
ならない気がする。だつて腹は減るし「横のアイツ」食べられ
るし。

調べてみた結果としては
普通に「共食いはします」ということらしかった。
カマキリ、アリはもとより、フクロウ、ネズミにウサギ、
そして熊。
まぁ、大抵の物は偶発的だったり、やむにやまれずだったりは
するものの、共食いはそう珍しいことではないということだった。

ただ。ここでわからないのは、食料としてみた場合に
「なら、どうしてずっと共食いを続けないのか」ということ。
捕食しにいく手間がかからないのだから、共食いし続ければいいの
ではないかと。

で、調べると。
どうやら共食いし続けない大きな理由は、生理的なことらしい。

異常タンパク質製造。
これがその原因らしい。
共食いを続けると、この異常タンパク質が体内で製造されるように
なる。それは、まともなタンパク質のようには体に吸収されず、
体内に蓄積され、やがて致命的な病気に至るという―

つまり、共食いを続けると死んでしまうという性質があるので
仮にそうする個体がいたとしても、長生きは出きずそういう性質の
遺伝子は引き継がれずに共食いの習慣は増えないということらしい。

なるほど。
しかし、それは何体くらいどの程度の期間食べてたらそうなるの
だろう。

いやいや、変な意味ではなく。好奇心として。
ブロイラーの鶏の餌なんかには、ツブされた同類が混ざっている
こともあると聞いたので、それはつまりそうゆうことになるのでは
ないかとふと思って・・。

それにしても、どれくらい近い種類だとダメなのかなぁ。
これも単なる好奇心ですよ。もちろん。


◇某日。
昔の人は、基本的に水以外で自分の顔を見ることはほとんど
無かったのではないか・・とか思う。
しかも、見るのはボンヤリしたものだけ。それが一生。
その方が幸せな場合もある。


◇某日。持ち込み用コンテの直しが滞り。
ただ描くだけなら出来るけど・・・。
それでは意味もなく。

私自身も、本屋で萌え系の四コマ(エロも)買うこともあるのだ
けれど、では自分のが本屋に並んでいた場合、全くの第三者
として立ち読みしたらそれを買うかという初心の初心に立ち
返ると、一歩も進まなくなる。

買わない・・・。

なら、自分はその手のものを買う時にどこらを基準にしてるのか
それの何が自分に足りてないのか(いや、色々あるのはわかって
ますが細かい内訳が・・ね)そんなことをグダグダ考えてると何も
進まないのだった。


◇某日。ああ、思い出した。
探査機はやぶさの動画はどうしてあんなに泣けるのだろう。
何とか地球に帰ってきてもらいたいものだ・・。  

今のところ帰還の可能性は五分五分だそうだが。
Comment
≪このネタへのコメント≫
コメントを投稿する
ホームページURL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可しますよ
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。