FC2ブログ

◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
◇先週~ 何もなかったのこと。え、ヤマトが?
◇先週は別になにもなかったのですよ・・。ほんと。
仕方ないので、以前に書いて放置していたものをいくつか・・・。

こういうこともありますねぇ。


◇少し前に
「レストランで食べきれない料理を持ち帰りますか?」
というアンケートが某所であり、女性のほうが持ち帰りを
しており、男性よりエコであるという言い回しがあったの
ですが。

あの。
男性の多くは、食べ残す注文の仕方はしないと思うのです
けれど。

―とはいえ。
料理の多くが男性を満足させる量になっているということも
事実です。これは言わば、アメリカサイズのコーラを日本人が
飲みきれないようなもので、それはそれでわかります。
(あえて触れないナニカがあるのにお気づきでしょうが・・。
はい、私は臆病なのですよ)

そこで考えたのです。
お子様ランチを数十円アップした感じで、器と装飾を替えて
「女性ランチ」「高齢ランチ」にしたらどうかと。
それなら量少ないし。

ただ、お子様ランチは大人の集客目当てで安く価格設定
されてることが多いそうなので、実際は多少割高にはなる
でしょうし、そもそも味付けの問題もありますけれど。

としても、食材の共通化は出来るし、まぁ少なくとも料理を
持ち帰るの持ち帰らないのという話をしているより無駄が
無いと思うのですよ。

そういや、お子様ランチを目の前で見たのは何時が最後だろ。
お子様ランチ色々


◇レゴとAA・・・、とロボット。

これだけすべらかなCG全盛の時代にアスキーアートが
いまだ人気があるのは
「制限された美学」というのがあるからだと思います。
決められた文字や記号の中で作られる意外性のある
デザイン。

これはつまり、リミテッドアニメやエロの真髄にも通じるの
ではないかと思いますよ。いや、無茶な飛躍ではなく。
「ここまでしか出来ない。予算が・・スペックがない。
これしか使えない。やってはいけない。」

そう言われると、逆燃えするのは作り手のサガなの
でしょう。
―だから限定していいとは、決して言いませんが。

レゴで燃えるのもそうですね。
レゴで色んなものを作ってる人を見ると、すごく気持ちが
分かります。私自身はダイアブロック派だったのですが、
色々とそういうもので合体ロボなどを作って遊んでいた
記憶があります。

ただ、若干「これは少し違う方向かも」と思うこともあります。

それは、AAにしてもレゴにしても単体をドットレベルの
扱いにして全体を巨大なものにした作品。
方向としてこれは、すべらかCGの部類だと思うわけで―
ひらめきやアイディアより時間と労力の割合が多いという
感じですか。もちろん、良い悪いではなくですけれど。

まぁ、あくまで部品の原型を残しながら別のものに昇華
されることに対する評価をしたいのですね個人的には。
そのバランスがまた楽しいのですよ。

この感覚は、合体ロボのデザインなどにも通じるかと。
例えば、すごい合体ではあるけれど、合体した個々の
機体の性質やデザインが合体後に完全に消えてしまい
「そこまでチャラなら、最初からそのデザインで単体でいて
ください」と言いたくなるデザインですね。

私が現実に存在する少女ロボットが好きなのも、ものすごく
制限がある中で、どこまで「おおっ」というものが出来るかの
挑戦が燃えるのですね。雛ちゃん頑張れ!


↓こんなのも残ってました。なんだろうこれ・・。

◇今、一番飼いたいのは何かと言われたら、
一位はシーモンキーで二位は亀。

なんていうか、私のミスで死にそうにないし
死んだところでそれほど悲しくないし。


ヤマト復活篇がほんとに動いてるようですね。
それにしても、あの御二方なんとかもう少し歩み寄って
もらえないものでしょうか。
なんというか、おたがいに大事なもの持ったまま実家に
帰ってしまってる感じがします。

大ヤマト零号とYAMATO2520見ましたけど、どちらも
足りない・・。
大ヤマトは艦隊戦や組織的なものはあまり描かれなかったし
2520は絵柄から来るキャラの性格の深みのユニークさに
疑問が・・。

ともあれ。キャラはやっぱりこっちの方が・・。

それと。
あの主砲音を変えるのだけは絶対に許せないのですけれど。
Comment
≪このネタへのコメント≫
コメントを投稿する
ホームページURL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可しますよ
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。