FC2ブログ

◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

◇今週あったこと・・・
◇今週は・・・。

新宿から渋谷まで、散歩コースをてくてく。
高島屋横のデッキを歩き、代々木からは明治神宮を通った
のであまり人が多くなくて良し。

正月は、明治神宮コースはさすがに避けてたので久しぶり。
去年の末頃通った時は例の酒樽をちょうど新しいのと取り替え
ている所でした。
一つ一つ外して、新しいのを置き換えてましたよ。
新しいのは宅配票とかまだついてました。わりと軽そうだった
ので中身は完全に空なんだろうなぁ。そりゃそうだろうけど。

渋谷のブクオフ寄ってタイムセールで漫画買う。
・・・。買うのはいいけど、読んでない四コマ中心のマンガが
めちゃくちゃたまってるのに気づく。どうしたんだろ。
強化週間として小説や映画・アニメを見るようにしてるから
なのかな。今調べると―。うえ、読んでないマンガが70冊ある。
これは酷い。

帰り際、大戸屋で食事。ぼーっとする。意外なくらい空いてる。
考えると。。。
松屋一回と、レストラン一回を除けば渋谷でちゃんと食事をしたのは
生まれて三回目。子供の頃から渋谷に行ってるのに・・。あ。幼児の
時に駅地下のレストラン行った記憶はある。コンベアーがあったような。
なんだろあの店。

いかに私が「行かない所は行かない」という性格なのか改めて確認。
新しい所や知らない所や人と会話する所が怖いからか・・。
人に聞かれてもこの町のことは全くわからない。
少し悲しくなってきました。

この町について一番の思い出。
・・中学生の時、友人一同で高校生らしき連中にかつあげされたこと。


◇図書館でネット予約した本が、なかなか用意されない。
サイトで調べると、用意寸前・・と表記されてからすでに数日。
いや、取り寄せではなくて受け取り図書館の所蔵本なのだけれど。

本は「KCノベルス」で、文庫本より大きく長い例の奴。
図書館での分類の大枠が913。
そこは、確かに分類としては小説のコーナーだけれど、隣は戯曲や
詩というコーナーで、ノベルズが置かれる場所ではない。それは
それで別にある。

今気づいたけれど、こういう大枠の分類法は小説をあくまで「文学」の
位置に置いてるからこういう風になるのだろうなぁ・・。

これを厳格に適用すると
「寺山修司戯曲集」「小説 魁!!クロマティ高校」「大江健三郎随筆」
という並びもありえます。(小説クロマティは実在します)
これはまずいでしょう。並びが愉快ですけれど。

小分類と大枠分類で配置が混乱していて見つからないのかな。
本の返却と他の予約本も用意されてるようなので近いうちに
行って確かめよう。

ちなみに。
借りようとしている本は「小説 ヨコハマ買い出し紀行」です。
おもしろそうとかそうでなさそうとかではなく。
(原作者が書いてるわけでも無いし)書評を見ると、原作に関して
パンドラの箱を開けている感じがするので、そこらのバランスがどう
なっていて、読んだ時自分がそれに対して、どう「嫌な気分」になる
のかを客観的に観察したいので読むつもり。

元々「ヨコハマ」は、蓋の鍵が緩く、箱の中身がいつも見え隠れ
していたので、怖くて仕方なかったのではあるけれど。


◇仕事停滞中。。。四コマ三種類のうちラストのネタ出し終わり。
ラフ絵の入ってない最後の一種類に来週手を入れる予定。遅れ気味。

エロコンテ二本目、伏線とキャラ設定が微妙にまとまらない。
話は出来てるけれど、キャラがどうしたいのか何を言いたいのか
わからず困る。ストーリー上の譲歩は出来るだけするので、私に
その旨を話してください。今度、暇なときにでも。

「孕み使徒」
来週なんですけど、サンクリ。
えーと。まぁ色々。頑張ってます。表紙はデータ送信ですな。

他一つ停止中


◇劇場新作のスタトレの予告編第二弾を見たのでした。
いや、少し前に。

カークの名が冒頭で出たところで、海外の映画館では「オー」と
声が上がったそうな。分かる気がする。
絶対観に行こうっと。あのブラねーちゃんはウラだろうなぁ。
スポックが少し丸い?シャトルは元のままのデザイン?
ブリッジが白っぽくて奇麗かな。


◇先ほど、グーグルでシステム障害があったようです。

確かに検索するとことごとく
「この サイトはコンピ ュータに損害 を与える 可能 性があります。」
などと出るので、何これとは思いました。私のサイトも危険扱い・・。

だもので。
こりゃ、一瞬で直りそう・・と思って以下の検索をしてみました。

これ↓を危険と言われたら、どうしたらいいのやら。
◇危険だそうです。

Comment
≪このネタへのコメント≫
コメントを投稿する
ホームページURL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可しますよ
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.