FC2ブログ

◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

◇何もなしと言えるか・・
◇えーと。

某駅で降り、近隣にて用事を済ませてさっさと
折り返しの電車で帰ろうとしたら―
人身事故で止まってました。
ほんの数十分の間に何でまた・・・。

また誰かホームに降りちゃったのかなぁ
とか思っていたのですが。
―のわりに、消防車数台に救急車に警察に
テレビに・・・あらら。

暑いしモノも考えたくないので、止まった
エスカレーターを登ってホームに上がると、
ちょうど線路を閉鎖していた黄色いテープを
外すところでした。警官がうろうろ。

とはいえ、別に線路は無事だったし。
んー。そのままボウッとホームに立っていたら、
普通に電車来ましたよ。
やはり、たいした事故ではなかったのだなぁ。

で。
家に帰ってニュースを見ると。
ああ・・。
どうやら、私が乗った電車が駅についた時に
すぐ近くに立っていた男性が、直後に飛び込んだ
ようですね。お亡くなりになったようです。

歯医者の予約の関係で、分単位で時計見て
階段近くの場所も確認してましたので、間違い
ないようです。
誤差が二分。
とすると、私が改札を出たあたりで飛び込んだ
のかぁ。そうかぁ・・・。二十歳代の若い人。
何でかなぁ。

そんなことを考えながらぼうっとしていると、しばらくして
編集さんから電話がありました。

「すみません。○○の△△で◇◇が××ので、
後二回ほどでお仕事は終わりということに」


なんだか、めちゃくちゃな一日でしたねぇ。
ご冥福をお祈りします・・・。
Comment
≪このネタへのコメント≫
運が悪けりゃ死ぬだけさ、と沖雅也は。
月光蝶であります。

しばらく来ない間に、停止したり再起動したり終了したりしておられたようで(・・;;;

10年近く前の話ですが。

私は、大阪の地下鉄で列車を待っている最中、目の前で人が飛び込むのを見た事があります。

「エ?」という感じでした。

特に衝撃もなく、何か自分に関係のない出来事を見ている、と言う状況そのものです。

ちょうど一緒に居たもう1人の同僚は、大変衝撃を受けていたようですが、私には現実感がなく、さくっと「あ、飛び込んだのね」と数秒後に認識しただけで。

これ、マジ話です。
飛び込んだ人(50台くらいかな)は傷一つなく助かりました。

綺麗に排除板の下に入ったようです。
駅員に救出されて、どこかに連れて行かれるのを見ていました。

運があれば、電車に飛び込んでも人は死なない。
運がなければ、家の中に居ても電車が突っ込んで来て死んでしまう。

無常と呼べばいいのか、不条理と呼べばいいのか。
そういうところについて、最近は時折、物思う。


2008/08/13(水) 03:34:55 | URL | 月光蝶 #2r2hHEbk[ 編集]
必殺仕置屋稼業の沖さんのファンでした。涅槃ですか・・。
>>月光蝶さん

◇駅の階段を降りる時などに、何度も
何度も妄想するのですよ。
けつまずき、前を降りる子供の頭を蹴り、
そのまま頭からその子が叩きつけられ
その子と私の人生が終わるのを。

何度も音を聞いた気がします。
頭をプルプルさせてその妄想から
逃れようとするのですけれど。

そういうことが、ちょっとした脳の具合で
簡単に実現化することが肌に感じられると
この世界はホラーは溢れてて怖くなります。

ほんのタイミングとズレ。それだけですね。。
2008/08/14(木) 19:48:46 | URL | ◇土肥です #CSVEmewI[ 編集]
ほしがこわれるおと
時代劇は必殺です。

私の場合、スクーターで毎日通勤ルートを疾走しておりますと、いつしか

そのまま真っ直ぐに大阪湾まで消えてしまいたくなります。
ただ真っ直ぐに。
そう真っ直ぐに・・・・・・。

空が青い時はやばいです。暑すぎるというか、灼熱の太陽エネルギーで脳が煮えているかも知れません。

というわけで、土日は首都圏を襲撃いたします。
日輪の力が、我がスタンドパワーを増大してくれるでしょう。

嘘ですが。

----では会場で--------
2008/08/15(金) 01:47:22 | URL | 月光蝶 #2r2hHEbk[ 編集]
コメントを投稿する
ホームページURL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可しますよ
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.