FC2ブログ

◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

◇何もないのが再び
◇朝ご飯は、目玉焼きの定食。ご飯は大盛り。
味とかより、ご飯がお腹イッパイなのがうれしい。ご飯ご飯。


◇先日。お知り合いに誘われて、久しぶりに即売会に行ってきましたよ。

いえ、大きなものではなく「にくけっと」という ふくよか にくボちゃ 筋肉
というそれはもうフェチっぼい小規模イベントで―
             ああ、何かドン引きされてるような気がします。

だって好きなんですよ。最近特に。

複数冊買ってきちゃいました。おお、めずらしいぞ。どうしたことだ。
ただ、筋肉系サークルがほとんど来られてなかったのが残念でした。私は
両方イケる口なので・・。(まぁ、チラシを見る限り筋肉系は来ないかなァ
とは半分思っていたのですが)

結局。一緒に行った方とはファミレスで昼から終電間際まで話し込んじゃ
いましたよ。

えーと、内容は―
内田春菊噴乳ビデオのそのシーンが結構良い・・・萌えアニメのこれまで
十年ここから十年、あるいは子猫ちゃんのいる店ってなんだったのだろう
そしてまた「再来年は直江兼続かぁ」でヤマト1の空母はそれぞれ空母の
非行音が違うのでレコードのドラマ編聞いていても区別出来るのでは― 
なかには、エウレカの顔が醜いままなのが私は好きだったと言いつつ、
それとして「司」倒産のとばっちりの影響とか、ウェブ漫画の撤退の早さに
おける、漫画家の防御不能状態をかんがみつつ、デニーズが布のオシボリ
やめるという話があって、いや私の妄想ではなく、それから、「18号は
いいですねぇ」あの目があの目が。クリリンうらやましい、そこから忘却の
旋律で最後あの子生きてたッけ。
ところで、家康の26巻ですら大阪城を攻めていないので読むの止めてるん
です、それよりもお絵かき大会はいやです、私が絵が下手なのをさらし者に
してどんな恨みなのだろうか。
さておき、とりあたまくんのような、どうでもいいコピー同人誌作りたい
なあ、私絵を書かないで文章とかネタとかやりたい。

と、なんかどうでもいいことばっかり。
なんか、まぁ集約すると
「うまくなって、売れたいねぇ。みんな頑張ってるし。頑張らないと」
ということですが。うむ、久しぶりにエネルギーが入った気がしますね。

考えてみると。
自営孤独のヒキコモリ作業している人間にとって、自分の脳でない存在に
触れて自分の行動範囲でない空間に行って、新たなエネルギーを得るのは
なかなか得られない大切な作業ですね。

夕方にアキバに行って、その手の店を何軒も回って解説してもらいましたよ。
今は、ああいうジャンルやこういう商品があるのだとなるほどなるほどと
わかりました。
某同人ショップでは、棚が「紫の髪のキャラ」で埋まってるのが圧巻で
した・・・。

ちなみに。
私は、ロリ系(モモンガ倶楽部とか)の本が気になり、欲しかったのですが
肉ぽちゃでは話が合い、筋肉系も否定はしないお知り合いも「それはちょっと」と
獣を見る目で私を見ていたので買うに買えませんでした。いいです。
今度一人で買います。

うーん。
なんか、自分の趣味が小さい小部屋にたくさんひしめいてるアパート状態で、
それぞれの関連性が良くわからず非常に困惑します。ショタ好きですし

ただ言えるのは、細めの可愛い綺麗な女の子キャラには「ああ、綺麗ですね」
という感想しかわかないという―
かなり変則な悪球打ちだということは自覚しつつあります。
つまり、世のキャラの9割9分以上が私にとってボール球という・・。

ということは、とりもなおさず私が趣味で書いたものは世間的には9割9分
ボール球かデッドボールだということですね。
「売れたいね」もないものだと、ちょっと、かなり 鬱になりました。

あ。
今気がついた、昨日ファミレスで頼んだ料理。
自分で思ってたものと、口で言った料理が違う。
食べてる途中全く気がつきませんでした。なんで今ごろ気づくのだろう・・・。



◇前回のロボットネタの続きで。いや、有名なのでしょうが一応。

元の声優さんはいますが、合成音声歌手「初音ミク」はかなり到達してますね。
ただ、やはり平坦な曲よりクセのある歌のがチューニングは難しいようですが・・・。
ナウシカがかなり普通に聞こえるのは、そもそも安田成美さんが・・ゲホゲホ
ナウシカ」「アクエリオン」「水戸黄門」「古畑アカペラ
うーん。アクエリオンの歌詞を私は始めて聞き取りました。 

おまけ。
初音さん、「JRに就職
このシュールさ。
Comment
≪このネタへのコメント≫
コメントを投稿する
ホームページURL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可しますよ
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.