◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
◇先週~ 「志村後ろ!」は好きではある・・のこと。
※いつもは水曜更新だけど、即売会前日更新は精神的に
無理なので早めに―


◇某日。そういうことで、「新刊コピー本の新市子2」の直し中。
・・直しきれない・・。 ともかく、トーンだけでも少し貼るか。
高いなぁ、トーン。 表紙の描き直しは出来ず。 扉を流用の予定。

すたじお・ぱふぇは
木曜ビッグサイトのCOMIC1に
出場します。 宜しくお願いしますねー。


◇某日。 四コマコンテ持ち込み

    ~後編~

当日。
前回、「一時間遅刻する」という大失態をしたので、
今回は「二時間早く」行く。

行ってから、・・少し・・早かったと気づく。
いや、少しじゃないだろ。

仕方ないので、近くの某野球場のスケッチを始める。
ゲート付近の絵面がおもしろい。
今日は、ここのチームは遠征しており試合はなく
人もそれほどおらず―
―あれ・・いるなぁ。 

あれ?描いてるゲート付近に柵が設置された。
あれ?看板が。
あれ?物品売り場が。
あれ?人が並び始め―
あー・・うー。違うリーグの特別主催試合・・ですか。

諦めて離れる。
あの場所に私のようなのがいると、どう見てもダフ屋に
しか見えないので。うう、そろそろ警備員の目が。
しかし、移動した先が場外馬券売り場で、これまた
私によく似合う。
賭け事苦手なのに・・。
ふう。。

何とか時間を潰して、編集部へ。
現れた編集さんに「はじめまし―」と言おうとして気づく。
どこかで見たような。

あ。
前回、すっぽかした編集さんの代わりに見てくれた
編集さんだ・・(確信したのは、後にだけれど)
なんか忘れてる気がしてたの、これかっっ。

あれ・・。前回って。。

※前回持ち込みの回想シーン。過去ブログより
---------------------
まぁ、ほとんど「来ても無駄」に近い感じ。

以前なら、この時点で行くのやめてる。

かなり辛らつな受け答えをしたのだけれど。

そこらは、さらにやばくてここには書けない。

ともあれ、次回は元の編集さんに見てもら
おうと心に誓う。
----------------------
回想終了。

―血の気が引く。

しかも。
実は現れた編集さんは一人ではなく
「あ、こちらも同席いいですか」と、新人さんらしき
編集さんも同席。

良いも悪いも、私に選択権があるわけもなく。
・・・入院した患者が、診てくれてる医者に
「あ、インターンです。いていいですか?」
と言われるようなもの。
拒否した場合の影響考えたら、断れるわけもなく。

さらに。
コンテは取り出し見せたものの、参考用のエロマンガが
見せられない・・。

新人さんが女性だから。
なんで、私はこうなるのだろう。
(結局そちらは見せずにすんだ)

えーと。
後は、コンテの吟味についてなので省くけれど。

もっともなことと、私が勘違いしていたことがあるので
そこらを直してまた行くつもり。
ふむ。後に色々考えると、前回より反応マシか。
「他に行けば他に行けば」
という感じが消えて、「そこらへんを気をつけて直してみて」
とも言われたし。

ただ、どうも雑誌の毛色によって意見が分かれそうな直しを
いくつか言われたのは気になる。そこらはだいたいが純粋に
技術的な・・現在の流行りに関することなので咀嚼中。

純粋に好奇心から、他社にも行ってみるかなとも考える。

あと、ひとつだけ。
どうしても、質問したいことがあったので聞いてみた。
「萌え系の漫画で、銭湯で腰に手を当てて牛乳を飲むと言う
ネタが未だに存在するのは、読者はパロのパロのパロという
事を分かっていて、古いネタと言う事を分かっていて見てる
んですか?そこらへんの、ネタの位置づけはどうなってるの
でしょう?」という質問。

傍から見ればアホな質問だが、我々と同類の人は深くうなづく
真剣な質問。実際、先日のサンクリでも知り合いと、ここらは
議論した。

答えは
「『ドリフの志村後ろ』と同じで、元ネタを知らなくても
独立してるということなのではないか」とのこと。
「それならわかります」とは私の答え。

とはいえ。
何故私は「志村後ろ!」なら許容出来て「腰に手・銭湯牛乳」が
ベタでイヤなのかはわからない。何か理由があると思うのだ
けれど・・。
実は「パン咥え」も同様にひっかかる。
いずれゆっくり考えてみよう。好きなテーマだから。


◇某日。 短編集「太陽の季節」を読む。 例の方の本。 

・・面白いです。歩きながら読んでたくらい。
なるほど、1955年という発表年代を考えれば、確かにこれらは
モンダイになると思う。
精神的なものより物質・・、性、妊娠中絶、暴力、犯罪。
―だけに、なんでこういうのを発表するのを是とした人が
おかしな規制をするのかとも思う。
(未だに、抽象的で随意的に規制出来る方向は変わってない) 

当時、影響された人がいるから―と言う理屈なのかも知れないが
創作物が少ない頃、慣れてない頃と現在では時代背景が
決定的に違う。
その意味で―、「立ち位置をそうとした場合の発想」で言えば
(ここらは強調)逆に文章描写だからオッケーというのは、現代の
文章描写に対し「発展がない」と言っている逆差別的な発想
では・・とも思う。

まぁ、ともかく。
あの登場人物達を創作した人にすれば、我々は全く受け入れ
がたい人種であるというのも強いと思うけど。

少なくとも―
私があれら作品世界にいたとしたら
「割れたボトルを片付ける人」であり
「女漁りを横目で見る暗い人」であり
「暴力には関わらない人生を送る人」であり
「万引きされる側」の人であり
「クラス全体のノリやイタズラを迷惑に思う人」
―だろう。

今のオタの主流作家が書いたら、キャラバランスは全く逆の
配置になる事が多くあるだろう・・とは想像出来る所。
(そういう小説も読んでみたい気もする)

「太陽・・」に影響されたのが太陽族ならば、私は言わば
月下族なわけで(我々とは敢えて言いませんが、さすがに) 
その意味で、「月下の季節」が気に入らないという理屈なの
かも。そんなんで叩かれちゃ迷惑だけど。

でも、普通におもしろい本とは思う。
でも、それとこれは別。


◇アニメ視聴期間。今回は時間が無いので途中まで・・。
「けいおん」を半分観た。

いくつか、この手の作品を最近見てるけど、スタッフが違うと
ずいぶん味付け違うものなのだなぁ。勉強になる。
共通点と言うかエッセンスはうっすら見えてきた感じが
するので、脳内整理中。

それはさておき。
はて?
絵柄や動きの処理がメダロットに似てる気が。
スポンサーサイト
◇先週~ 私が配ってたのは、某十区・・のこと。
◇某日。大家・・管理会社との揉め事・・の続編。

一応、思ってた方向に進みつつあるようだ。
こちらから言う前に、部屋の各種工事の間は
私を「ビジネスホテルに避難させる」
・・と言ってきた。

後は、場所と期日か―。
ホテル泊まるのって何年ぶりだろ。
いや、待てよ。
十数年ぶり・・?あれ・・。

最後は、地方から来た即売会仲間とコミケ前日に
ホテルでドンチャンやったんだっけ。迷惑な話・・。


◇某日。 四コマコンテ持ち込み。
(※結果から言うと、相変わらずダメだったけど)。

久しぶりに、心臓をバクバクさせながら編集部に電話。
数えたら、一分間に百二十五回の鼓動がある。
これ、これ。大丈夫なの?ボク死ぬの?

でも、期間が空いたとはいえ、何度か見てもらってる
編集さん。一度話せば、緊張は収まると思う。
あ、つながった。

「はい」と電話で女性の声。
あ、受けつけのお姉さん出た。
「〇〇さんお願いします」と定型文。すると―
「◯◯は部署を移動しました」

え・・。 え。

う う う う。はぁはぁ。すみません、心臓の鼓動が・・。

とにかく、新しい人に見てもらうことになる。
始めてと言うことで、参考用の漫画も持って来てくれと
言われたので、うううーーん・・エロエロ単行本を持って
いくことにする。
まぁ、相手男性だし。
ただ―。どうも何か忘れてるような。

来週の後半に続く。


◇某日。
コミイチでコピー誌発行予定の「新・盲目市子物語2」の
原稿を引っ張り出してくる。

私としては、基本的にエロはこの絵柄の延長で行きたいなぁ。
見るに耐えない部分は出てきてるけど、基本は嫌いじゃない。

ただ、四コマは別の絵柄で行くけど。
これがまた・・・。脳内混乱の原因になる。
来週ここに書くかもしれないけど、(私が行ってる所の)
四コマで求められてるのは私のエロ絵と真逆なので。


◇某日。アニメ視聴強化期間。
「かなめも」を見る。
んむむ。これは勉強になるなぁ。
教科書を見る感じで色々考えつつ見る。
洒落ではなく、メモ取りたいくらい。

ただ・・。
数話ごとに休み時間としてサンレッドを見て心を
休める私を許してください。


そういえば。
私も、数カ月だけど学生の頃に新聞配達した事がある。
(かなめもは新聞配達店の話)
「区」とか「順路帳」とか懐かしい。

朝夕・・結構な部数だった。スポーツ新聞。工業新聞。えーと、
商業系もあったかな?自転車を使い、例の積み方で。

後に奨学生だった友人に聞くと
「そりゃ、バイトの部数じゃない」と言われたが、確かに
中継所で残り半分積み足してたし、七時半くらいまで配って
たから、今考えるとそうなんだろう。
―けど、当時は当然だと・・。知らないことは恐ろしい。

まぁ、バイトなので集金やらの金には絡まなかったのは
良かった。配達先のお年寄りに食べ物貰ったりしたし。

ただ・・。
あの積み方、ほんとに少しでもバランス崩すと地獄を見る・・。

私も、自転車の重みで顔から溝に落ちた事がある。
角度ずれてたら、頭やってたなぁ。
結局、顎を削って上半身血だらけで配達所戻ったけれど。

それを見ても、一切そのこと何も触れない配達所の人達が逆に
怖かった。私も何も言わなかったけれど。
(今思えば、お互いの事には触れられない雰囲気あったなぁ。)

次の日には、絆創膏貼って普通に配った記憶がある。
・・。ちゃんと縫わなかったから、未だに私の顎にはその時の
傷が残ってるんですけど。あれは縫うべき傷だった。

ちなみに。バイトした理由は―。
好きな子の住む布団店が配達所の近所にあったので。
(なんとまともな。)

あぁ、そうだ
配達所に女性は・・ほぼ、いなかったかな~めも~。
◇先週~ 作業途中でダメさに気づきたい・・のこと。
◇某日。サンクリ。
低気圧で落ち込む気分をアゲながら会場へ―。
前回のサンクリ(二月)の時に飲みそこねたペット
ボトルコーヒーがあったので持って行こうかと思ったが、
万が一ナニで、会場でアレになると困るのでやめる。
大丈夫とは思うけども。

スペースの隣、片方は柱。ラッキー。おちつくーー。
もう片方は・・、まだ来てない。

ともかく準備を終えて一段落。前回からカタログも買って
なくて―、すみません、どこに知り合いサークルがあるのか
全くわからない。費用対効果がちょっと。

そうこうしてるうちに、隣サークルさんが席に座る。
「今日は宜しく―」と高い声で話しかけられ「うわ女性だよ」と
声を聞いた私が思うのは仕方ないかと。だって私が出してる
のは「孕み本」だもの。そのくらいの羞恥心はあるのだった。

しかも。ありゃ・・。座ってるのは綾波。

ああ・・そうだった。
今回はコスプレ解禁か。それにしても、私の隣が綾波ですか。
嫌がらせだ嫌がらせだ嫌がらせだ嫌がらせだ嫌がらせだ
と私が思うのも無理はないだろう。私が描いてる孕み本は
綾波もの。
何の羞恥プレイかと。

綾波を見たいなとは思う。
が、隣では逆に見れない。
「隣のコスプレより、川向こうのコスプレ」とはよく言ったもの。
(結局、最後まで一度も顔も見れなかった・・。まぁ、ここまで
来ると私の性格の問題だけど。)

とどのつまり。この日、記憶に残ったのはこの事と、古い知り合い
とのダベリくらい。それすら、色々ここに書こうと思った事は、
実はほぼ何一つ書けないような内容と今気づく。

まぁ、お互いの古い知り合い達が皆同人誌止めて会場に現れず、
打ち上げにしか来なくなったという話に深くうなづいた・・
という事くらいは書ける。

サンクリ終了。
人に会うのと、本読むのと、仕事する以外には綺麗に来る意味が
無くなってきた。もう、爽やかなくらい。

月末はコミック1かぁ。
予定では、「新盲目市子2」を直してコピー本で出す予定。
知り合いに打ち上げがあるかもと言われてるけれど、金かかる
所なら行けません。
ファミレスくらいなら、切り詰めれば・・なんとか。


◇某日。やっっっっと、ほぼ持ち込みコンテが完成。
後は参考イラストか。長かった・・。
描く時間より、「描く絵柄を考える時間」の方が圧っっっ倒的に
長かった。
しかも、まだその「考える」のは途中。
さすがに、前回よりはマシな出来とは思うが。とはいえ、前回も
少しはそう思っていて、結局壊滅したしなぁ。

エロ系の持ち込みコンテも描こうかなと思っている。
けど、こちらも別の意味で技術的にあまりに不安定で、仮に最初
うまく行ってもやはり続けられる自信は・・今の所ない。

とにかく、孕み使徒4を描きながら、現在自分がどうなってる
のか見極めるつもり。

ちなみに、孕みネタは予定通り一応コレで区切り。
次は、「大女と少年ネタ」か「短髪少女ネタ」をやりたいなぁ。
太めネタもやりたいけど、客を選びすぎるし・・(孕み程ではない?)

話を戻して。
連休までには出版社に行きたいもの。


◇アニメ視聴強化期間継続中。
ドージンワークを見た。

ありゃ・・。
なんというか、キャラクターの解釈をすごく分かりやすい
形に整理して、いびつさが無くなってる気が。

原作の持つ、あの性格のいびつさが良いのだけれど・・。


ご姉弟物語は一話で挫折中。

毒が抜かれてる。
あの、傑作作品「バカ姉弟」がどうしてこうなるのだろう
・・・・・・。
カッコーの巣の上で・・の主人公のラストを思い出す。
テレビに枕を押し付けたくなった。

いや、アニメとしての質云々ではなくて。
シンエイさんだし。
というか、シンエイさんだからだろうなぁ。

むしろ、ガイナ辺りがやるべき作品だと思うんだけどな。
「エビちゅ」みたいな妥協のない作りで。
あれはすごかった。三石さんの容赦ない隠語連発は
「それでなきゃ!」と溜飲が下がったもの。
◇先週~ まぁ、わからんではない不思議なこと。
◇某日、実家に泊ってくる。 早速、実家のパソをいぢろうと
するも―
ありゃ・・、ネットが全く繋がらない。はて?

親の言うところでは、「なんかロックされてる」と他に使った
人にも言われたたそうで(親自体はパソコンは使えない)
確かに、変な感じでパスワードで弾かれる。

うーむ、いくら説明書を読んでも分からない。
仕方なく、カスタマーにTEL。
懇切丁寧に教えてもらうも、ほとんど私がやった方法。
で、結局ダメ。
どうも、機器ではなくプロバイダの問題ではないかという
ことを言われる。

プロバイダに電話。
20分保留されるが、週末の終了間際なんてこんなものだろう。
受話器置いたままボーッと繋がるの待ってると、受話器から
大声。いつの間にかつながってたらしく、お姉さんが叫んで
いた模様。
悪いことをした。

色々こちらの症状を話し
「パスワードが変わってるのかも。ハッキング?」と
私の見解を話す。
すると、おねえさん曰く

「あの。・・ネットの接続料金が未払いで止めました。」と一言。

え。
話を聞くと、ネットを始めた当初はサービス期間で繋いで
いたものの、いつまでたっても使用料の手続きをしてもらえない
ので停止したとのこと。

えぇ・・・。
親に「料金払ってないってどういうこと!」と聞くと、親いわく
「ネットって毎月金払うのか?」とキョトンと返事。
ううううう。

お姉さんに平謝りで電話を切る。
その後、「ネットはタダではない」というのを親に説明
するハメに・・。
が、まだ納得してない気がする。ううううううう。
きっと、テレビ見るのに金はいらないという理屈に近いもの
なのだろう。わからんでもない・・が・・・。

あ。今気がついた。
パソコンが回線と繋がっているという意識がないんだ。
パソコンの中に全てのデータが入ってると思ってるんだな。
しまった。今度会ったときに説明しないと・・。

ともあれ。
プロバイダから申込書を送り直してもらうようにしたが、
果たしてちゃんと書くのかどうか。ここらは私はどうしようも
ない。

・・・・私の数時間を返して欲しい。


◇某日。久しぶりに、商店街でスケッチ。
台の上に立ってる携帯電話の宣伝お姉さんを画面から少し外して
スケッチ。(動くんだもん・・)

始めた途端、画面の端に自転車が止まる。乗ってるのはおじさん。
よく見ると、警官二人となにやら言い争い。
あう・・。

すぐに退くだろうと、しばらく我慢するが、オジサンがなにやら
エスカレートして喚いており、どうも画面から出ていきそうにない。
・・・。

あきらめて、画面を少し横にずらしてスケッチ再開。
ずーーっと揉めてる声は耳に入る。
少し耳をそばだてると―
「パスポート」「国籍」とか聞こえてくる。うわわ。

なるべく聞かないようにスケッチを続けるが、真横で
ソレをされて困った「携帯宣伝お姉さん」が、台を離れ
私が描いている画面に入って、看板持って宣伝を始める。
ああああ、そうですか。

・・・。
のどかな商店街描いてるのに、見えないことにして描かない
お姉さんがいたり、フレームすぐ外では不法なんたらの争いが。

出来たスケッチには何も残らないけれど・・。


◇某日。アニメ視聴強化期間。
サンレッドの第二期終わっちゃった。第三期あったらうれしいな。

あまり「聖地巡礼」には興味ない私だけど、溝ノ口には行くと
思う。昔は、あの近くの武蔵小杉には時々行ってたし
(即売会があった)多摩川の方は通学路だった・・。
ある意味懐かしい場所。


はなまる幼稚園見終わり。
毎回のエンディングが異色。あれだけで、独立してる気がする。
本編は・・。
大人の話より子供だけの話をもっとメインに構成して欲しかった。
原作の初期のイメージで。


◇某日。 あ。「とら祭り」の申し込み期間過ぎてた。
まぁ・・いいか。

人は来そうだけど、大手とブース内イベントに人が集まって
中小はスルーされそうだし。 もっとも、そもそも抽選で
落ちたろうけど。

次回以降、もしあるのなら一考するかな。


◇そういえば、四月十一日はサンクリ。
新刊はないけど、良かったらお立ちよりください。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。