◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
◇先週~  千葉周作さんアキバ辺りにのこと。
◇某日。1カ月ぶりくらいにアキバに行く。

別に模索することもさほどなく、歩きながらの
考え事も無いのだけれど。
さすがに二日に一度しか外に出ない生活をしていて
しかも、めっきり遠出が減っているので―
色々事情があるのですよ。負の。

四谷辺りから歩き、アキバ外れに到着。
いつものように万世橋横のベンチでしばらくボゥッと
する。

と、お年寄りの夫婦らしき人達が、なにやら地図
片手に、神田川や前の通りを指差し話をしている。
道が分からないのかな・・と一瞬思ったが、どうやら
そうではなく。

手元の地図がチラチラこちらに見えるのだけれど、
それがどうも現代の地図ではない。たぶん江戸切り絵図。
ああ、なるほど。
今の場所と昔の場所を対比参照してるのだと気づく。

後に、家で調べたところ・・。
秋葉原は、江戸の頃は主に下級武士の屋敷(というか
家)が密集していたらしい。
切り絵図にはちゃんと姓名がフルネームで載っており、
私が見た幕末のには「千葉周作」の名も何気にあったりする。
ちっちゃい家だけれど・・。
ちなみに、北辰一刀流の道場やお玉が池があったのは、
神田川の向こう岸から少し歩いたところ。
今は食べ物屋さん・・なのかな?
あ。伊東玄朴の家もある。へー。

うーん。個人情報保護も何もあったものではないなぁ。
でも、大名屋敷には表札がなかったと聞いたことがある。
だから、町人などが誰の屋敷か調べるためには、近所で聞くか
切り絵図を見るしかなかったとか。もっとも、そうそう調べる必要が
あるとも思えないけれど。(ちなみに、奉行所にも表札はない)
でも、切り絵図の御家人住所にはフルネーム。
・・・どういうバランスなのだろう。

もっとも、現代でも数十年前までは有名人の住所(野球選手、
タレント)が雑誌や特集本に堂々と載ってたりしたっけ・・。
そこらのバランスがぐらぐらしてるのは、現代でも大差ないのか
な。

あれ。話がそれた。

当日に話を戻し・・。
腰をあげ、電気街へ。

あら。
気がつくと、大通りに面して大きな洋品店ビルが立ってる。
・・・。
全く縁が無いのでスルー。どっちにしろ、まだオープンして
ないけど。
というか、アキバ来てあそこに寄る人はどんな人なのかと
思ったけれど―・・。たぶん、店員さん向けの店なのかなぁ。
少しずつ何か変化が起きている気がする。
次は別の形態の町に変貌するのか、それとも―

げ。
数えると四台、パトカーが大通り沿いに止まっていて、
数箇所で職質している。警官と言い争いしている人もいる。
どうも、例の十字路を中心にやっているらしい。

逃げる。とにかく私はかわして、往き合わない様に逃げる。
いや、何もして無いですよ。でも。ね。

お察しください。

ところで。。。
以前、私がここで職質されたときに思ったのが―
アキバにおける「不審基準」てなに?
ということだったのだけれど。
だって、不審と言えば私も含めここにいる人の大半は
ムニャムニャ・・。

うーん。
職質されてる人を傍で見ていて、少し条件が分かった。
―と思う。
「一人で来ている」「寂しいところに行く」とここまでは
前回分かったこと。で、今回分かったのは―
「崩れている」ということだった。

なんていうか・・。
パジャマ代わりに夜着ている服。それを着たまま外に
出て来たような、崩れた服装をしている。
服の種類の問題ではなく。

外界を外界と思っていない。
自分の家のほかの部屋に行く感じで外に出る。
自分の家のほかの部屋に置いてある存在と、外界の
モノ、者、物の境、存在の区別が価値があやふやになって
いる。
それをさらに過ぎると、自分さえ人生にさえ興味をなくして
いる感じに。
そう思う私は、どの段階なのかというと。
まぁ・・。


とらに寄る。
ああ、やっぱり委託本の配置が色々変わってる。
基本的に五十音順。一般とオリジナルは別階なのかな。
(しまったオリジナルの階、行き忘れた)ありゃ、見本につい
てる中身コピーが4ページから2ページに減ってる。
手間の削減を色々しているような。ふーん、帯にキャッチ
まとめたのか。うーーーん。

予算も無いので、少しぶらぶらした後、ブクオフに寄って
本日は終わり。でも何もなし。また、一円も使わず。
再来週にはまた来ようと思う。勉強の一環としての意味も。


後日談。

次の日・・。
近所の繁華街で、買い物がてら散歩がてら簡易ベンチに
腰掛けて本を読んでいると・・。

「ちょっと、カバン見せてもらっていいかな」と
警官達登場。

そういう運命らしい。

「どうぞ」と言ったまま、視線を本に戻す私。
最近、なんかめんどくさくなって。
反応もする気が無い。
警官は二人組。明らかに年配の方が、私の逃走経路を
塞いで立っている。
好きにして・・とか思わない。
カバンは空だったし。

当然、何事もなく終了。そのまま本を読み続ける。
警官はなにか「どうも・・うにゃうにゃ」とか言って去って
いったが、読んでた所がいい所だったので適当に生返事。
顔も向けない。・・。駅前交番の警官だから、変に顔覚えたり
覚えられるのやだし。ほぼ毎日、前通るのですよ・・。

けど、去ってから少したって「あ!」と気づいた。
ああ。
記念写真を撮るのを忘れていた。

次に職質受けたら撮ろうと思ってたのに(というか、撮らせて
くれるのだろうか)
うーーん。春先にここで「そうする」と書いた記憶が。
つい忘れていた。うう。

さらに。家に帰って、もう一度「あっ!」と声に出す。
カバン・・。そうだった。

出かける寸前まで、カバンに「エロマンガのコピー」を
入れていくかどうか悩んだのだった。
人のマンガなのだけれど。技術的に勉強になるので
外で歩きながら見直そうと思って。

まぁ、そういうのもどうかと思うのだけれど。
勉強のためですから。

ともあれ。ギリギリになって、繁華街でこれ広げる場所は
無いよなぁと思ってカバンから取り出したのだった。

・・・もう少しで見られるところだった。
まぁ、見られても別にいいんだけど。
いや、まずいかなぁ。

あれ・・。待てよ。
アキバで職質されたら、大抵の人が相当の高確率でカバンから
そういうグッズ出るよなぁ。私のようにモノ欲しそうに眺めて
買ってない方が珍しいはず。

そりゃ、職質抵抗しますねぇ。納得。



◇某日。以前もここに書いた巨大少女の違うバージョンの
動画を見つける。

日本でやって欲しい反面、このままやったら
違う意味で夕方のニュースになりそうなシーンも。
もし日本の萌え風のキャラでやったら大変なことになる
気はするのだった。


◇某日。どうでもいい 替え歌を思いついた。

ウ○トラマンの節で・・
------------------
胸を突き抜け 刺し傷 死因♪
自爆の チャットで  敵を持つ♪
光の国から 僕への指示で
聞いてよ 私にゃウツがあるー♪
------------------
ほんとにどうでもいい・・。


◇某日。表彰状を受け取る例のテーマって、タイトル
なんだっけ・・とか考えて調べる。
ヘンデルの「見よ勇者は帰る」だそうで。
うーん、主に「水上の音楽」のイメージしかない人なのだった。
スポンサーサイト
◇先週~  嗚呼、まだ蚊がいるのこと
◇某日。蚊がいる。
さすがに、もういないだろうと思ったのに。そうでもない。

夏場は・・・。冗談抜きに、蚊のせいで一晩眠れない夜も
あった。それでなくとも眠りが浅いのに。
そして今回も。

私を睡界からずり出すように、羽音が意識上にふつふつ
あがる・・。それも顔に迫ってきている。なんか、ぼんやり
背中も痒い。
うぁう。
我慢して睡界に沈もうとするも、ひじも痒い。
うぁう。。

次に・・
「ぐあっ。」
どこ刺してる!!
思いきり目が覚める。信じられない。容赦ないヤツだっっっ。
窓から街灯が薄く夜気と共に流れ込む中、羽音だけが
遠く近く。高い音、そしてさらに高い音。
顔を枕に沈めてうめいた後、のっそり半身を起こす。

普段は気にならない明かりのスイッチさえ耳障りに耳に
響き、やがて部屋が白くなっていく。

背中を壁の隅に預け、座ったまま宙を見る。
背を壁につければ、後ろに廻られることは無い。
もちろん、こちらの動きも若干封じられることにはなる。
しかしそれは、肘などを後ろに廻す動きが必要な場合の不便
であり、青眼あるいは下段で構えるならば、さしたる問題には
ならない。
まして、この場合力よりも迅速さが求められるのだから余計な
後部への引きも、そしてそもそも大きな動きは無用なのだ。

―とにかく死角は減らせる。
こちらの攻撃範囲を確実に生かす。これが長年の経験で自得
した方法。

ゆっくり、左手を突き出す。何ももっていない。ただ、餌を出し
誘いをかけているのだ。

その手を己の視界の端に入れつつ、目を細めて廻り全体を見る
ともなく見る。元々、視界にあまりごちゃついたものが入らない
ように座るよう工夫している。
相手は小さいのだ。色の狭間に紛れられてはいかんとも―。

右手には、薄からず厚からずの一尺弱ほどの本。薄い得物では
ペラるし厚いと蚊のスピードに遅れる。

聞こえた。

気のせいか・・?遠ざかる音か、迷っている音か。薄く小さく細く
しかし侮れない、例の高い音。知っている音。
個体差があるのに変わらず、私を昔から悩ませ続けた音。

私は公園に行けば一分で刺される。
道を歩いていても刺される。
図書館内で刺された時は呆然とした。

何故私。
資料を紐解くと・・。この被害差の要因には汗の匂いだの酒だの
書かれているが―
冷房が効いた所でなんの関係があるというのか。
池のほとりで、むき出しの手足でベンチで寝ている人を見ると
愕然とする。何の差別かと。
まぁ、カップルで座っていて片方だけ体掻いてるとさすがに
気の毒な気もしてくるが、その場合私は結局役得税と考える。
断固徴収すべきなので、どうでもいい。

目を閉じる。
近づいてきた。右前だ・・。
今日見かけたヤツは動きが鈍い。
壁に止まる。
反射的に右手が動く。

ぱんっ。

どうだ?
左手指先で、叩いた場所を触る。
本体は無い。
く・・。」逃がした。

ん。眼前に指先を持ってくると何かついている。
「血だ」
どうやら、、手傷は与えたらしい。
「長くはないな」
とか思う。
私の血だけれど。

それ以降、どれだけ待っても何の音も聞こえない。
どこかで潜んでいるのか、事切れたのか。
私は耳を澄まし、手元に雑誌を置きながら眠りについた。
まだ、蚊との戦いは続くのだろう・・。

というか。明日は殺虫剤買い忘れないようにしようよ、ほんと。


◇某日。「ペプシあずき」とかいうキワモノっぽいものが
あるのを知って気になり・・・。
いや、飲む気はなく。

単に、あずきって英語でなんて言うのだろと気になった
というだけ―。

某サイトによると
小豆 → a red bean
あんこ → bean jam
だそうで。

とすると、レッドビーンペプシかな。
RBペプシとか。いや、飲まないけど。


◇孕み3の委託販売が何かどうも変・・。
配本店が少ないし。。

色々調べてみると・・。「あくまで私の予想」だけれども
某ジャンルのオンリー即売会がつい最近あり、それの
影響で、膨大なそのジャンルの本がショップに来ており、
割を食って他のジャンルが追いやられてるような・・・。

それにしても、今回のようなのは初めて。
方針が変わったような気もする。アキバに行って確かめて
みようかと。最近行って無いし。


◇某出版社から、二作原稿返却あり。
これで、冬コミのコピー本新刊は確保。
孕み4は出さない予定。出すと3を食うし、そもそも間に
あわない。

残り戻ってないのは、別会社のショタ原稿だけど・・。
編集さんのメールアドレスが全く思い出せないのと、戻された
ところで使う場所無い気がするのとで・・うーん。
いまいち、返却願いの気が乗らないのだった。

ということで、冬コミの純正新刊は
「新・盲目市子物語2」の予定です。気が早い・・?
少し処理をやり直して、アナログトーンは一部だけにして
残りはグレースケール処理しようかと。

近所の画材店が無くなるので、気軽に切れたトーン買える
状況でなくなるし・・。まぁ、他にも色々事情があるし。
なんとも言えませんけれど。
雑感~ 北町奉行所「敵討帳」
◇江戸時代には、敵討帳というのがあったようですね。
それを写本し論文にしたのがこちらだそうです。
北町奉行所「敵討帳」

きっと書類が残ってるだろうと調べていたら、やっぱり
あるのですね。。
これはもちろん、テレビ時代劇などでよくある
「父の仇、いざ尋常に・・」という、例の敵討ちに関してのもの。

実際にそういう敵討ちは結構あったらしいものの、残念ながら
あまり成就することは無かったようです。
そりゃ、情報が無い時代に、日本全体を使った命がけの
かくれんぼですから、その気になればいったいどれほど隠れる
場所があるのかと思うと・・。
(書類見ると、一月で見つけてるうらやましい人もいますが)

さて、この敵討ち。
適当に藩を出て追いかければいい・・というわけにもいきません。
きちんと藩に敵討ち願いを出してから藩を出ることになります。
でないと脱藩になるので。(逆縁、妻敵云々の件は省略・・)

で・・。例えば江戸で件の敵を見つけたとします。
でも、見つけても
「父の仇、いざ尋常に・・」とはすぐにはなりません。
「仇を見つけました。斬っていいですか。憎いし」という手続きを
ちゃんと奉行所に届けなければいけません。
というより、江戸にきたら(たぶん、他の地域でも)
「こんな敵討ちをするつもりです」という書類をまず提出するの
でしょう。それがこの「敵討帳」ということですね
奉行所は、きちんと事情を聞き取り、書類を作ります。
その後で敵討ちをすることになります。

私見ですが、書式があるようですね。
自分の名前。住んでいた場所や仕事先。被害者の名前と自分
との関係。加害者名と加害者と被害者の関係。どうしてどんな風に
事件が起きたのか。自分と被害者の関係について再度触れ、故に
加害者との関係が成立すると記述。見つけたらどうするか。最後に
署名。
もちろん、役所側が許可する前に敵に逃げられては困るので
見つけたらとりあえず捕まえるなりすることはあったようです。

まだ少ししか読んでないのですけれど、(というか、字が読めない
意味が分からないものが多数・・。情けなや)
まぁ色々な事件状況や原因がありますね。
寝首をかく、夜討ち、だまし討ち、集団殺害、姦通後殺害、金で
揉めて、口論して殺害・・。
やたら、口論後殺害が多い気もしますが。腰に人斬り包丁つけて
ますから、それは無理も無い・・。
(うわ、家来の茶坊主と嫁さんが駆け落ちした旦那もいる・・・。)

考えさせられるのが、明らかにどこかに勤めていた人間が
敵討ちに出てこの敵討帳に記する時「浪人何某」と名乗っている
ことが多いということですね。

真田家親族の家臣という人もいますね。
調べてみると、信之の二つ後・・藩主は幸道と言う人の時代。
これも「元真田家家臣の浪人」と言ってますね。
(ありゃ。もっと見ると真田家関係者がやたら敵を追っている。
なんだろうこれ・・。)

藩の許可が出ているのだからと思うもののやっぱり、敵を討たないと
帰参出来ないのだなぁ・・と気の毒になります。

とはいえ、追われる方にも言い分がありそうなことも。
書類見てみると、なんで被害者になったのか書いてないのも多いし。
そこら辺も知りたいのですけどねぇ。
◇先週~  誰も逃げない警報のこと
◇某日。ブクオフをうろうろしていると、突然火災報知器が鳴り出す。

けれど、誰一人行動を変えない。自分が聞き間違えしているのかと
思うくらい誰も動じない。聞こえてないのかと思うくらい。
それを見て、一人で騒ぐ根性も無いので自分もスルー。

ああ、なるほど。これが集団心裡かと思う。

それから五分近く鳴り続けるが私を含め皆スルー。
やがて鳴り止み・・。その後、十分位してから
「間違いでした」放送。
それも皆スルー。

間違いじゃなかったら、えらいことになっていた気がする。

もし、私なり誰かなりが一人でも「わーっ」とか大声で
騒いだらきっとパニックだったのだろうなぁ・・。
それはまた、現在いきなり人ゴミで激しく咳き込んだり
するとすごい微妙な雰囲気になるのにも近いなぁ。

私らは結構微妙な所で生きていると、つくづく。


◇某日。車についてどうでもいい疑問がわく。
電気自動車になったら、カーエアコンの冷房の効きはどう
ちがうのだろうか。
車全体の温度はガソリン車より低いのではないかと思うの
だけど。

・・・。車の免許持って無いのになんでこんな疑問が。
ほんとに、私にとってどうでもいいこと。車は五分で酔うし。
バスはもっとひどい・・。


◇某日。せんとくんの着ぐるみ ドンチャックに見えて困り
果てる。
特に、遠めに見ると色合いとか形とか・・。角無いんだけどね
ドンくんは。


◇某日。一度しか行ったことは無いけど、近いことは近い
伊勢丹の来年閉店が発表されたのだった。

うーん。地下の食材売り場に行って、あまりの自分の場
違いさに、逃げるように帰った記憶しかない。
見たことも無い高級缶詰とか・・。アレナニ?

もちろん、その足で西友に行ったのだった。
ああ、桃缶100円ナリ♪

それはそれとして。
最近知ったのは、この伊勢丹の発祥の地が実は秋葉原だと
言う事。へー。

しかも、石碑が残っているとか。
今度行った時にでも捜してみるかなぁ。


それはそれとして。近所の大きい画材店もビルの建て直しで
数年間消えるらしい。
ええええ。
どうしよう。ここらにトーンとか画材売ってるところあったっけ。
新宿まで行くのかなぁ・・。ますます、ここらに住む意味が無くなって
来た。もぉ、やだなぁ。


◇某日。値段の下限で・・。
小さめのトマトの半分以下の価格でそれなりのミカンが買えるのは
なんかバランスがおかしいなぁ・・と思いつつミカンを買う。
トマトも好きだけど、そんなわけでなかなか高価でそうそう買えない。

ちなみに。以前書いた記憶もありますが「トマトは野菜か果物か」で
色々揉めてるようですね・・。
私にとってはトマトは果物なのですけれど。


◇孕み使徒3の印刷が上がってくる。
表紙の色はモニターで見るのと大差ないかなぁ。少し安心。
液晶での初めての作画だったもので少し心配していたのだった。
というか、どちらにせよ私程度の能力では見分けつかない。


◇2009年度・夏季『最近読んだライトノベル・・周辺』

逆襲の魔王1 三浦良さん
ゼペットの娘たち 1 2  三木遊泳さん
鋼殻のレギオス  3~7 雨木シュウスケさん
お・り・が・み 1 林トモアキさん
無責任キッズ1~5 吉岡平さん
鉄コミュニケイション1 秋山瑞人さん
狼と香辛料 4~6 支倉凍砂さん
ご主人様は山猫姫1 
会長の切り札 1、2巻 鷹見一幸さん
火の国、風の国物語6 師走トオルさん
ドラモンド家の花嫁3 冴木忍さん
ウェスタディアの双星4 小河正岳さん
吉永さん家のガーゴイル1  田口 仙年堂さん

最新刊を待って読んでる作品が増えてるので
前回の話が思い出せなくて困るのがいくつか。
ウェスタとか火の国はキャラ多くて・・。

ゼペットが地味だけど好きです。
ロボットの女の子とそれを作った少年の静かな話・・。

会長・・も鷹見さん得意の軍師ネタがこの先楽しみです。
高校同士の派手な団体戦の話。
毎回どんなイベントで高校同士を戦わせるのか、ルール作りと
それをかいくぐる戦いが楽しみ。
それにしても・・。
色んな意味で、創作家として生き残るのは大変だなぁ・・と
この方のブログ読んでても思います。
すごく作品作りの参考になります。けども、でたまかが絶版とは。

ドラモンドが明らかな打ち切りなのがあまりに残念。
この方も色々苦労されてるみたい。うう、あそこから盛り上がる
話だったのに。


現在は、主に時代小説を読んでるのでライトは少し控えめに
読んでます。それでも、一般ファンタジー・・系の作品も含めて
程ほどには読もうかと。ドラゴンライダーの新刊も出ているよう
なので、最初から読み返そうかとか、さすがにそろそろ真実の剣
シリーズの続き読もうかとか思っていますけれど。

・・。グインを読み終えるのは、全てが終わる気がして避けるかも。

◇先週~ 消えた半ズボンのこと
◇某日。公園のベンチで男の子達をボーッと
眺める。

いや、そういう意味ではなく。

捜しても捜しても、いない。
半ズボンの男の子がいない。
見れども見れどもハーフパンツばかり。
あれれれれれ。

いつの間にこうなったのだろう・・。

私はマンガの中で当たり前のように
「少年といえば半ズボン」と定めて描いているし、
ハーフは変化球と考えていた。なのに、現実は・・。
ほんといつのまに。

公園で数十人の男の子を見たけれど。
半ズボンは、一人か二人くらい―
しかも、その内一人は女の子のような気がするし。

昔は、リアル半ズボン男子は多かった。
比例して、当然半ズボンキャラも多かった。
正太郎は言うまでもなく、のび太にチャーリー
ブラウン。ケンちゃんシリーズにカツオ。
最近は・・どうなのだろう。

ん。もしかして、シンちゃんは最後のメジャー
半ズボン男の子キャラの一人なのか・・・。
(コナンもいるけど)

男性陣は「ブルマが消えた」とお嘆きだけれども、
考えると、逆の立場で半ズボンが減ってるのか。
とはいえ、体操着では半ズボンは短パンとして(?)
健在だったりもする。
消えたのはブルマのみか。
もっとも、私はブルマより今のハーフパンツ(?)少女
のが好きなのですよ。そして、髪はショートカットで
野球帽。肌は小麦色。

えーと。ごめんなさい。

ともあれ、いくら見渡してもやっぱり減ったなぁ、少年
半ズボン。ほんの小さい子でも・・
あ。
うわ、お母さん方がこっち見てる。
うわうわ。  手元の小説を読むフリ読むフリ・・。


◇某日。(・・先週ではないけど)実は野球の招待券を
貰ったので、ひっっっっっさしぶりに行き・・たかった。

―けど。サンクリ用のコピー本を作ってたので。ううう。
ほんと、スケジュール守れるようにならないと何もでき
ないなぁ。もし行ってたら、四半世紀(以上)ぶりだったのに。
当時は屋根が無かった記憶が。


◇某日。猿人の骨が発掘されたというニュースを
見る。
約440万年前の女性だとか。この場合、メス・・か?

ふと思ったのが。
例えば、庭を掘っていたら人骨が出た場合のこと。

はて、鑑定の結果何年前の人骨まで犯罪捜査が
行われるのだろうか。
そりゃ、弥生だの江戸なら学術なのでしょうが
もし、50年前ならどうなのか。

そんなん、仮に殺人にしても時効だ。
だからろくに調べなくても・・という気も

でも。
もし、将来的に殺人には時効が適用されなく
なった場合・・。
理論的には、犯行から人間の平均寿命プラス
アルファの時点までの期間は捜査しなければ
いけないことになるかとも思うのだった。

今はともかく、100年後・・22世紀の人は
21世紀初頭の骨が見つかっても調べることに
なるんじゃないのかな。

どうなんでしょう?


◇某日。孕み3を印刷所に入稿。
前に書いたとおり、一声低く唸ってから最初に描いた
表紙を没にしたので、描ーきー直しー。
絵を描くのが苦手な私にしてはめずらしい。
それくらい、ダメだったということ・・。ううう。

それとして。冬コミで、何を出すかそろそろ決めないと。
でも、孕み3は実質新刊なのだけど。とはいえ、それ
だけでは色々まずいので結局新刊出すことになるか。
食い合っちゃうんだけどねぇ。
んーー。兼ね合いが難しい。

それとして。某出版社にメールを出して、預けている
商業原稿を戻してくれと頼んだので、それが戻って
きたらオリジナル本も出そうかな。コピー誌で。
オリジナル新刊あればコミティア出れるし。

まぁ、どちらにせよどう使うかわからないので直しを
しておいて損はないかと。


◇某日。持ち込み用コンテの直し、やっと形が見えて
くる。はい、まだやってますよ。なんだかなぁ。

でも、ポイントは絵柄なんだよね。
そーれーがーまた、イヤハヤ南友どうしよう。
萌え系の技術書を毎晩読む。眠れないよ、目が怖い。


◇忘れないうちに。

ハッと気づくと
弐千円札を何年も見ていない。

こないだコンビニで並んでいる時、何気にレジの中を
覗いたら(他意はありませんよ)
弐千円のコーナーがなかったのだった。

どうなってるのだろう・・。今度少し調べてみようかな。
◇孕み使徒綾波さん3
◇孕み使徒綾波さん3の表紙です。

孕み使徒綾波さん3 表紙























◇まぁ・・。なんとか出来ました。
今回は、前回表紙描いた時の作業覚書があったので、
それを参考に塗れました。 ほんと、毎回やり方忘れてる。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。