◇土肥けんすけ 駄々漏れ追記◇     

◎∈∞∋漫画描きの土肥けんすけの雑記やエッセイ∈∞∋◎

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
◇先週あったこと・・・。
◇先週も、外出や散歩はするものの、これという変化なし。
ますます記憶の飛び方が激しくなる。知らないうちに一週間
たっている。
なので、出かけて云々というのは記憶が無いので、今回も
思ったことを書き連ねます。

◇国際宇宙ステーションの外見がほぼ完成だそうです。
(中身は来年)

うーん、ディスカバリーの発射を見損ねてしまいました。
起き抜けな上、WBC(先週のことですよ)を見てたら・・。
なんかもう、ピューと飛んでました。

今、ちょうど図書館から借りてる宇宙関係のムックが
手元にあります。これは1991年発行のもの。
そこには
「宇宙基地の本格的利用開始は、世紀末になろうか」と
書いてあります。
色々ありましたからねぇ・・。遅れたようです。

それから、こうも書いてありますね。
日本の(無人)スペースシャトルHOPEが
2000年に発射予定・・・・。
あー。
発射されてません。
今、調べたら中止されたそうです。残念。
ただ、ノウハウはスペースプレーンに移行したとか。

※関係ない話ですが、アメリカシャトルの実験機の名は
「エンタープライズ」でした。スタートレックの宇宙船から
名づけられたもので、作品の中でも歴代エンタープライズの
一つに数えられており、劇場一作目では、船内の壁プレートに
歴代のエンプラに並び、シャトルも彫り込まれてます。

着陸船でスヌーピーとチャリーブラウンっていうのも
ありましたっけ。


◇先々週ですけれど。
カーネルおじさんが見つかりましたね。
私は別にあの球団のファンではないのですが、私にとっては
1986年というのは色々あって忘れがたいのです。
いや、ここでは書きませんが。
どちらにせよ、私の世代には85年前後というのは青春なの
ですよ。

で、偶然なのですが少し前に呼んだ小説
「ウニバーサルスタジオ 北野勇作さん著」に、その沈み
カーネルがテロリストとして登場していました。
ちなみに、黒いネズミはスパイとして活躍。
ウニバーサルの元ネタはもちろん、アレですね。

いや、なんとなく繋がったというか、シンクロニシティ
だったので。


◇先週ここに書いたロボットHRP4C、私的通称
「産子さん」の続き。

まぁ巷では、HRP4Cのシリーズについて
(H)エッチな(R)ロリボット(P)プロジェクトに違いない
などという声もあるようですが。

そんなことはありません。
それはもう、なぜか高価な入浴料を払う繁華街のお風呂が、
単なる入浴施設であると同じくらい確かです。
僕は人間を信じてます。人間の定義についてはひと悶着あり
ますが。わりとそこらは最後まで戦いますよ。

何の話でしたか・・。
出来て嬉しいというのは大前提なのですが、それとしても
です。えーと。
私はこのロボは、明らかに発表に間に合わせるため、色々
ごまかしちゃってるような気がするのですよ。

今までのHRPシリーズをご存知な方ならお分かりと思いますが
このロボの特徴はただ歩くことではなく、人にありえる動きを
出来るだけトレースすることが主なのです。
人との共同作業や、危険な場所への交代等。それゆえの段差の
クリア、倒れても大丈夫で立ち上がれる設計なわけです。

それなのに。この産子さんは動画を見る限りは、ただ歩いて
いるだけです。(表情なんて、今はまだどうでもいいです)

腕の長さや手の形、あるいは背丈から考え、この子は歩く所まで
しかバランスが取れておらず、以前のシリーズが持っていた機能を
持っていないか、使えない状態なのではないか、私はどうもそんな
気がします。

見た目を女の子に合わせるために腰関等の設計の根幹を
変えて、動きやバランスほ犠牲にしている気がして・・。
素人なので、あくまで「感じ」ですが。杞憂ならいいのですけれど。

もし、この産子さんが下の出渕兄さんロボのような動きが
出来るならすごいのですよ。進化の過程から言えば出来るはず
ですけど。
立ち上がるHRP-2
作業するHRP-3
踊るHRP-2
ちなみに、これが前回もリンクした、妹の
(仮)産子さん
(冒頭のアップはちょっと怖いです)

※今調べたら、かなり動きが制限されているようです。段差もダメ。
座れないんじゃないかなぁ

あーー。さらに調べてみると、機関として三年で形のある結果を出すと
決めていたようですね。なので、広告塔ぶちあげないと予算がアレする
からですかね・・・。

うーーーん。
もしかすると、このシリーズは別枠でやっていて、出渕さんロボは
ちゃんとシリーズが続いてるのかなぁ。それならいいのですけれど。

でも、それはそれとして産子さんは進化して欲しいです。

ちなみに。
"倒れないロボット"として一番有名なのは、この
お犬様でしょうね。ここまでくると、化け物。


◇聴いているポッドキャストコンテンツの幾つかが有料化の
方向へ向かっているようです。

では「どういう課金体系」にするのだろうと見ていると、やる側も
手探り状態の感が強いらしく、アンケート取ったりジッとこちらの
反応見たりと様々な様子。

こういうネット配信の多くが有料になり(あるいはCM入りになり)
それが自然になると、その中での課金バランスというのが新しく
出来るのでしょう。今の段階ではそれの全容がまだ見えてこない
ので、一番手として飛び出して叩き台にされるのをみんな嫌がって
いる感じ。

こういう場合、大抵は無茶な新規会社が飛び出しちゃって、
大成功か大失敗するのですけれど。
私の感覚では、一本05円~10円以下ですね。一日の多くを有料
コンテンツにするとそれでも結局、一月数千円になりますから。
つまりは、ケーブル入れる程度。

それでも、こういう課金コンテンツはもっと大きいパイになるとは
思います。既存メディアからこちらへの流れは止まることは無い
でしょうし。まぁ、有料なのかCMなのかあるいは両方なのかは
分かりませんが。
そもそも、放送自体が完全デジタルになったらその境目がさらに
わからなくなるのだし。

新聞、テレビCMのスポンサーがどんどんネットに移行している
時代ですから当然といえば当然ですね。
活動弁士が、イヤだの、あれはダメだの騒いでも、サイレントには
戻らない。そういうことですね。

出来るだけ、選べて安価で質の良いコンテンツをお願いします。



◇2008年度・冬季『最近読んだライトノベル・・その他』

伝説の勇者の伝説やらその関連 28巻まで
武官弁護士エルウィンやらその関連  12巻まで
いつか天魔の黒ウサギ  2巻まで   鏡 貴也さん

カオスレギオン 全6巻
ばいばい、アース 2巻まで  冲方丁さん

スクラップドプリンセス関連。全18巻 榊一郎さん

火の国、風の国物語 5巻まで 師走トオルさん

ラグナロクとEX 8冊目まで 安井健太郎さん

クラッシュ・ブレイズ 大峡谷のパピヨン 茅田砂胡さん

古王国記 サブリエル 冥界の扉 ガース・ニクスさん

ウニバーサル・スタジオ 
レイコちゃんと蒲鉾工場   北野勇作さん

小さな国の救世主 全5巻  鷹見一幸さん

我が家のお稲荷さま。 2巻。 柴村仁さん

狼と香辛料 2巻  支倉凍砂さん。

ドラル国戦史 3巻まで デイヴィッド エディングスさん

人類は衰退しました 1巻まで 田中ロミオさん

星界の紋章 2巻まで 森岡浩之さん

ウェスタディアの双星 3巻 小河正岳さん

ドラモンド家の花嫁  2巻まで 冴木忍さん

スタートレック ヴォイジャー 1巻 L.A. グラフ さん


派手さは無いけれど、「ああ、こういう書き方もあるなぁ」
と思ったのが「人類は衰退しました」です。
何度かここに書いてる「ヨコハマ買い出し・・」が好きな
人にはお勧めの本ですね。タイトル、まんまだし。

あと、エルウィンが好きですが、続き無いのかなぁ。
この作家さん、読者の興味を継続させる俗さと、骨のある
ロジックを併せ持っていて楽しいし、勉強になります。

香辛料もおもしろいですが、これファンタジーなのかなぁ。
確かに、狼の神ですけれど。

クラッシュ・ブレイズはキャラを把握してれば楽しいです。
派手だし、キャラおもしろいし。今回はデルフィニア組は
出番なし。

ドラル国は、さすがのエディングスさんですね。
人間関係の軽妙さがそろそろ出来かけている様で。
しかし、ラノベではないですね。そろそろベルガリ読み返そう
かなぁ。ポルおばさんに会いたい。

星界は・・。あれ?思っていたのと違う・・。
もっと、でたまかとかウェスタディアみたいなものかと
思ってましたが。ぼーいみーつがーるなのですか?
おもしろいので読みますけれど。

今読んでるのは、
ラグナロクの番外編と、ばいばいアースの3巻と、星界の3巻。。

間があきすぎてこれまでのストーリーが思い出せず読めない
続き物も多数・・。

魔法戦士リウイどこまで読んだっけ。。
時の車輪は?そうだ、ザンスの最新刊と、真実の剣の七部、ドラゴン
ランス魂の戦争の最終巻も読んでない。


次の読書期間経過は、また夏ごろ・・・。
スポンサーサイト
◇先週あったこと・・・。
◇しゃれにならないくらい、短期記憶の保存がおかしく
なっていますよ。

朝起きた時、その日の予定が全く思い出せないことが重なり、
昼には、図書館で予約した本が手元に来てから
「これは・・なんで借りようとしたのだっけか」などと一人愕然とし、
あげくに道を歩けば、「どこに行くのだっけ・・、自分」
―と夕方、家への帰り道で呆然と立ち止まる始末。

そういうわけで、先週はどこを歩いたか何があったのか
特に思い出せません。というか、だるい。
(この間一日)今は少し復活。


◇押入れの封印をまた一つ解く。
ビデオデッキと、テレビが出てきました。
そういえば、捨てた記憶が無い・・・。

どーしよー。ビデオは、何かの拍子に必要かなぁ。
テレビは・・。製造年が86年とか書いてあるなぁ。
ある意味、骨董品だ。最後に見たとき画面の下が変な
青い色になってたっけ。ううう。

色々面倒なので、見なかったことにして押入れに戻すことに
する。ないないしよう、ないない。
現実でも私の脳内でも、押入れはマズイ物が一杯で溢れそう。


◇お知り合い数人と、中野とアキバめぐり。

最初っから大失敗。
中野駅前についたのが、11時少し前。まだ誰もおらず、
プレイヤーでク○○ドなどを見ながら待つ。

うう。
過去のある女の子・・の掘り返し話が並列で延々
続くのかなぁ。後十話くらいか。
仕事の資料を見てる感じに近い義務感。意識が入り込むと
おもしろいのだけれど。かなり感情移入に体力がいる。

うなりながらすぐプレイヤーを止めて読みかけラノベを読み
始める。ラグナロクの五巻。こういうタイプのは好き。
表紙にピンクが少ない小説の方が性にあってるらしい。

いつのまにか、敵味方のやられキャラがどんな死に様をする
かが楽しみになっている自分に気づく。まずい。
今回は・・。
女の子を透明の箱に入れ、槍でその子を股間から頭部へと
串刺しにしてその槍から針がシャキーンと無数に伸びて、さらに
槍をグルグル回転させるというすごいものがありました。

ジューサーですよ、ジューサー。
女の子はどろどろしたものになったようです。けけけけけ。
いや、失礼。
「ばいばい、アース」はどっちなのだろう。
真ん中。。かな。それはさておき。

あれ。

意識を世間に戻すと11時半を過ぎています。
誰も来てません。この時点で気づきました。
ああ・・・。私は何か間違えた。
日にち?いや、あさってとメールでやりとりした記憶があるので
これは間違い無い。曜日もあってる。場所・・は地図のやりとりがあった
のでこれも間違いない・・すると

時間かぁ。

11日・・はあってたけど、
11時と思い込んでいたのでした。
たぶん、1時が正解ですね。
もぉ、仕方ないのでひなたぼっこしてネームとかやってました。
ほんと最近、記憶の脱落が激しいですよ。

1時、「やぁやぁ」と何事も無かったように落ち合う。
その場では自分のアホ間違いは言えず。後に吐露しますが。

中野ブロードウェイ探索。
実の所、二週に一度は中野に来ているのですが、ブロードウェイ
には行ってません。横道を通って早稲田通りへというのが
散歩コースです。だって、人が多いのだもの。

知らないうちに色んな店が増えていました。
懐かしグッズと本・・。ほんと、コレクターロードだ。
えー。今ひとつ内容は忘れました。ボーッとしていた
みたいです。

覚えてるのは・・。自分の興味範囲とのズレを感じた
ということ・・ですか。
じゃあ、何があれば興味があったかと言えば・・。
興味持った店やグッズ思い出すと、海外SF系とか昔の
ほんわか少女漫画とかですかね。それと、ちょっとアレな
エロ同人。

そう考えると。私の趣味は、ごくごく普通かあるいは逆にアレな
方向の両極端が多いので、人に見せられるカテゴリはあまり無い
ですね。センスとかワンダーとかないですし。
昔は若干そう見せたいというのありましたが。
そういうの疲れました・・。
私の能力は外付けハードディスクに頼ってます。
頭の中はなんとないインデックスだけ。

買うとしたら、バカにされるくらいありがちな流行りモノか
それはゲテモノだよという類でしょう。

そうか。それで人前では買わない習慣がついてるのか。
今分かりましたよ。

ということで、何も買いませんでした。
えーと。まぁ、この日はこれくらい。思い出したら、また書きます。
アキバにも行ったのだけれど。


◇「こてんぱんにする」の「こてんぱん」の語源って何だろうと
考えていたのですけれど。
意味合いとしては、「こてんこてん」と同じで、徹底的にやっつけ
られたり、またはやっつけたりすること・・とか書いてありますね。

で、語源はというと「こってり」から転じたもの・・らしいとか。
どうして、こってりが・・。
まぁ、「こってりと可愛がってやる」という言い方も無いわけでも
無いですが。違う意味になりますか。こてっちゃんと関係あるの
かしらん。


◇実は先週ではなく、今週のことですが。

永野のりこさんファン必見のリアルM1号(左上)がそろそろ動き
始めたようですね。・・・まだ、怖いですが。
女性型ヒューマノイドロボット「HRP-4C」 (動画あり)

もっとも私は「オ、オルガーーっ」と叫んでましたが。
この本がちょうど押入れから出てきたのも何かのアレでしょうか。

私は、まってますよ。
リミットちゃんや、山田章夫さんのあおいや、オーガスの
モームや、あるいは、たがみよしひささんのYUMIKOの頃から。
ホイホイさんもオッケーです。いや、リミットちゃんはサイボーグですけれど。


◇作業は、コンテ二本完成。三本目、あと少し。4、5は途中。
キャラ見せイラスト数枚ラフ。色んな意味で今までとは違うアプローチを
考える・・。
新しくもう一本ネタが出来たのでそれも書くことにする。予定には無かった
けれど・・・思いついたのだから仕方ない。痛し痒し。

正直、生活的にはギリギリだけれど。いや、もはや限界な気がする。
でも、ここでやることやらないと。

◇先週あったこと・・・。
◇新宿→渋谷への散歩コースをてくてく。

渋谷のブックオフに入って、一巡した折り
「うわぁ、欲しいのが複数ある」と最初は喜んだものの
それがさらに増え、自分が持っているのも見かけ・・、
気がつけばそういう
「趣味・意識の固まり」がいくつもいくつも見えるに至り―
「あ。そういう時期か」と理解し、なんか喜びが溜息に
変わったりしたのですよ。

ある志向で、嗜好で集めた本が
「色々あって引っ越すから」「色々あって終了だから」
「色々あって置く場所が」と思考の果てに一気に大量にと
出てくるこの時期。

ああ、嬉し切ない「卒業趣味」の時期が来たのですね。

普段は忘れてますが、考えれば古本というのはいらないから
出されたもので、ということはそれをいらないと考えた人間が
いるわけです。

流行り物とか大量に出ているものはそうでもないのですが、
何かのマニアックさ、あるいは深い方向性のあるそういうものが
固まりとして出ていてしかも自分と同じ方向性のジャンルと
いうことは、何らかの形で自分に似た人間(性別、あるいは
年代的にも)が、それを「いらない」と判断したわけで―
何かが、変わった終わった去った、出来なくなったということで―

それがもう、「じゃあ、あんたは?」という自分自身へのフィード
バックとしてぴぴぴと跳ね返って、かなりきついものがあります。
あるかな?あると思います。あるなぁ。

つまりは、どこかで仲間が一人消えたということになりますから。
これはつまり、その本を買うことによりその人の過去をバラバラに
するわけで―、いやもうバラバラですが。意識の解体? ともかく
「解体前に、どこかで会って話をしたかったよなぁ」とかも思ったり
するのでした。


◇そうそう。
渋谷に行った時、そういえばあった筈だと思い出し、撮って来ました。
109-2の前ですから人が多くて・・。なかなか撮るの大変でしたよ。



※クリックで拡大画像。






















◇壊れたトーン棚をかき分け、ダンボールをどかしてビニールで
封印していた押入れの一部を開放。

八年ぶりの発掘作業。
なんと、ビデオテープが詰まったダンボールを数個発見。
ゴミ袋にすると約100㎏。何年か前にも別の押入れからこれくらい
出た気がする。八年の間に単なるゴミに成り下がってしまった。
昔は宝だったはずなのに。これはうちの地域では「燃えるゴミ」だ
そうです。

でかいアンプも二つ出てくる。捨て方が分からなかったので
放り込んだのだろうけども、この手の家電はうちの地域では有料
ゴミ袋に入っていれば持って行ってくれる・・と今は知っている。

うわ、加湿器もある。持ってたんだ。知らなかった。
アニメージュ、マイアニメも続々。DOPE?
うーーーーーーん。一部を残して捨てよう。
同人誌も色々出てくる。豊島ゆーさくさん絡みのアスケロンとか、
山川直人さんのおおかみくんとか、ぺんたっちの御茶漬海苔さんが
初々しい。小夜子は帰ってきたのかな。あ、ゴジラ伝説も出て来た。
MASHさんに最後にお会いしたのはいつだったか。。

発掘は続く・・。
◇先週あったこと・・・。
◇先週は。。。

精神がギシギシしつつ、心の束が寄り集まらないという状態で、実は
今もそうですが―、昼はさらに酷く、何十回聞いたCDを聞いても自分が
何を聞いているのかわからず、どころかタイトルさえ表層に浮かべようと
しても形にならず、例え浮かびそうになってもずぶずぶ沈み拡散していく・・
そんな感じでした。

そんな中、昼に外歩きして適度に疲れないと夜はますます眠れず・・。
なので、昼テクテク歩きつつ「ああ、考えられないなぁ」と確認し、えーと
無理やり命名すると
確固とした呆然状態でした。

まぁ、精神を休めなければいけないのに、「休んでる場合か」という
内からの暴力的な衝動があるのですね。
どちらも正しいから困ります。


◇本棚を一つ整理。だいたい一週間に一つの割合で整理してます。
一定の量以上は飽和状態になるので、整理しないと結局全滅するという
ことを自覚したので。

とはいえ、あまり慌てて整理すると埃でまたも頭痛がするので
ほどほどに。


◇「小説ヨコハマ買い出し紀行」をやっと読んだのでした。

時系列や人物の出会いについて本編との差異があるので、直接的に
本編を補完しているのかというと、小説家の方もあとがきで書かれて
いる通り「無数にある筋書きの一つ」という所が妥当なのだろうとも
思います。

ただ、全体的には「原作で描かれなかった設定はこうなのかも」と
納得させるものがあるし、なにより原作者の方が何も言わないで
発行した上イラストを寄せているのですから、そうなると否定する
材料も無いわけで―。
そのわりに、コメントが無いのはどうしてなのだろう・・とも。

さておき、やはり読んでて鬱になりました。それも始まって
二ページ目で。ええ、わかってました。いえ、面白いですけれど。

話は横ズレしますが。
最近私は、「描かれること」と同じかあるいはそれ以上に
「描かれないこと」の重要性を強く感じています。

「描かない」のと、「存在しない」のは全く違うのだと思うのです。
描かない場合は、それを描かないための回避を成立させるための作業が
大抵あります。そうしないと、間違って描いちゃう可能性を否定できない
からですね。
その意味で描かないという意識がある限り、それは「確認を避けている」と
までしか言えず「ない」とは違うという落ち着き方をとりあえずはします。

対して、存在しないというのは周りに遠慮することも無く動いて描いて、
しかしソレを描いてしまう可能性を考慮しなくていいと言う事です。
それが、「ない」という状態なのでしょう。

その意味で・・。話を戻しますが。
小説のヨコハマは原作マンガが「描かなかった」部分に光を当てた、
あるいは影をくっきりさせたのだなと思いました。
それはやはり「ない」のではなく―

ただし、それは可能性の形とまでしか言えないのですけれど。
私は「ない」と「描かない」のテーマを数十年考えている気がします・・。


◇図書館で新たに予約した本が一つも確保出来ないけれど、そこには
構わず積み重ねて予約し続けていたのですよ。

でもやはり、いつまでも1冊も確保できません。はて、どうしてなのだろうと
思って図書館のHPを良く見ると
「整理中につき、二週間休み。燻蒸もするのよ」とか書いてありました。
つまりお休み中。どうりで・・・。
HPはこまめに見ないと。

予約していておもしろいなと思うのは、ラノベなどで同じ時期に出た本でも
激しく予約が重なるのと、そうでもないのが結構極端にわかれると言う事。
(何人予約してるかわかるのです)
アニメ化してるのは強いですね。
私が予約したのでは、同時期に出た本でも「1人予約」から「20人予約」
までの幅が。もっとも、シリーズが完結してるのはそれほどでも無いですが。

狼と香辛料の3巻はいつ借りられるやら・・。

ちなみに。
作画関係の某技術書は2人待ち。某時代小説の最新刊は40人待ち、
某経済書は80人待ち(ラジオで紹介されてたからかと。私もそのライン)


◇とか書いていたら、図書館から電話アリ。

上記の件とは無関係だけれど、予約した本の1部が持ち出し紛失
したらしく(手続きなしで持ち出された・・)借りられないとか。
うーーーん。運良く(?)違う装丁の同じ本があるのでそちらを
借りることにする。

ちなみに、こちらのファンタジー本です。
死者の世界に行ける少女の地味で静かなファンタジーの2作目。
前作が気に入ったので。


◇週末、いえ月末、お知り合いとアキバ巡り。
今月も行く予定ではあるけれど、動けるかどうか分からないので。
というか冒頭に書いたとおり、気力も無い・・・ので。
ともあれ、買い物を済まそうと思ってお出かけ。

改札前の待ち合わせ場所、斜め前に後部透明のワゴン車。
中に女性がディスプレイとして二人座っている。何かのキャンペーン
らしいけど
「なぜにアキバで」というお奇麗な感じで、写真撮る人はまばら。
何かのコスならあの十倍は人がいたと思う。
ちなみに、運転席には空気人形らしきものが座っていた。
もしあれが、機械仕込みのリアルドールなら違反切符は切られない気がする。
(いや、キャンペーンは許可とっているのでしょうが)

そこを離れ歩くと、路地に痛車発見。有名な「おぱんちゅ号2」でした。
車内まで徹底的に「なのは」グッズで固めているのはさすが。

ホビーショップで、ポーズ参考用の素体人形を買う。
元々一つ持っていたのだけれど、私のキャラの参考にするには手足が
長すぎたので少女タイプのを購入。うーむ、出来れば肉感的なのが
欲しかったのだけれど、すごくスマート。まぁ仕方ないですね。

とらや、まんだらに行って、同人などをチラチラ。
気がつけば、購入意欲が何も無いのに愕然。私は何が欲しいのだろう。
「純粋に、仕事以外で今一番欲しいものは何?」と聞かれたら
私はたぶん口ごもってしまうと思う。
まぁ、あるにはあるけど笑われるので書かないのだった。

そろそろ腹もすいたのでと、ファミレスで食事。
「アキバには意外に幅がないなぁ」とお知り合いに言われ、そういう話をする。
例えば洋書コミック関係の本屋を見かけない。萌えとメカを外した形での
マニア店も少ない。マニアやキャラグッズ関係のカルチャーと言ってももっと
幅があってしかるべきとは思うが、成り立たない。
そういう意味では、お知り合いの言うように中野ブロードウェイのが
幅はあるのかも。

思い出した。
こち亀の159巻にブロードウェイネタがありました。
その中で、両さんが
「アキバは電気街から発展した新しいもの系」
「ブロードウェイは中央線文化の懐かし物、コレクター系」
的な発言してましたが、確かにそうなのかも知れません。
私も、昔は高円寺のゴジラやとか寄ってたりしました・・。
ブルーサンダーのスチール買った記憶が。

そんなこんなで食事しつつ、エロ漫画誌とか広げて鑑賞。
すぐ横に女子学生らしき人達が座るけれど、ここがアキバという時点で
  全く遠慮する気はなし。

えーと。。あとは雑談。タイムギャルの話とか。
あ、しまった。サンダーストームとタイムギャルを混ぜて話しちゃった。
へー・・、タイムギャルのキャラデザ毛利和昭さんなんだ。
それと、サンダーの音楽TAOだったとか。バイファムの。

それ、知らんかっとってっちんとんしゃん。


◇作業・・・・。

るーちんわーくでぼろぼろー。意識を集中させないトー。
編集さんとかに会う作業に入りたくないものだから、意識が沈殿して
逃げているのだろうと思う・・。自覚はあるのにー・・・。

今回はここまでー。来週は更新無いかなぁ。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。